2021年管理戸数ランキング発表、賃貸住宅管理業適正化法の施行は有償管理拡大の好機

2021年管理戸数ランキング

その他|2021年07月23日

  • twitter

 賃貸管理の歴史が変わった。賃貸住宅管理業適正化法(以下、管理業法)の施行という、記念の年となった2021年の「管理戸数ランキング」には、全国の賃貸管理会社1063社が顔をそろえた。業法ができたことにより、管理が有償のビジネスとして社会で認知を得る好機となる。同時に、管理会社が果たす役割も大きいことを忘れてはならない。日本の住インフラを担う存在であることを再認識し、入居者と建物を適切に管理していく能力を身に付けることが急務となる。

 本紙恒例の大型企画である管理戸数ランキングでは、大東建託グループ(東京都港区)が新型コロナウイルス下においても4万4044戸増やし、トップを独走する。6位までの上位は前回と顔ぶれが変わらず、施工不備問題で苦しむレオパレス21(東京都中野区)を除く各社が管理戸数を伸ばした。前回8位のミニテック(東京都港区)は無回答で不在となり、10位内に入ったのが前回11位の東急住宅リース(東京都新宿区)だ。管理戸数を8002戸増やし、8位にランクインした。

 管理業法が施行され、法の下に賃貸管理が業として認められた。ただ、一口に管理会社といっても、会社ごとに事業の在り方、管理物件やオーナーの特徴、業務内容はまさに十人十色だ。

 ランキングとともに掲載する19面に及ぶ特集のテーマは「賃貸管理会社の大分析」。管理戸数ランキングのアンケート取材の回答を基に各企業の業態を数値で分析。加えて成長する企業の営業戦略など、個性的な管理会社の姿も伝えていく。

(7月26日1面に掲載)


2021年管理戸数ランキング 1063社

】【】【】【】【】【】【】【】【】【10】【11

【賃貸管理会社の大分析】管理戸数増加の理由

・9位旭化成不動産レジデンス、20位常口アトム
・8位東急住宅リース
・44位長栄
・50位日本住宅流通
・213位アーバン企画開発、161位カンエイ、157位冨士物産、134位三島コーポレーション
・334位Con Spirito、337位丸一土地建物、347位北都開発、256位サンホーム岡山、189位アイケンジャパン
・252位平和不動産、374位ベルテックス、425位ヒロセの賃貸
・351位アクロスコーポレイション、 457位リースティ、 287位第一不動産
・663位後藤商事
・558位広田住宅センター
・636位サイワハウジング
・632位リブシティ
・886位ヤマモト地所、859位ニンジャ不動産、804位日本アークリード
・807位フェニックス・アール・イー

おすすめ記事▶『大東が首位『賃貸住宅に強い建築会社ランキング』~大手ハウスメーカー7社編~』

検索

会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

アクセスランキング

  1. 2021年管理戸数ランキング①1~50位

    2021年管理戸数ランキング

  2. ケネディクス、日本初の不動産STO公募

    ケネディクス, 三菱UFJ信託銀行, SBI証券, 野村証券, TMI(ティーエムアイ)総合法律事務所

  3. ビレッジハウス・マネジメント、新規の直接契約9割がオンライン

    ビレッジハウス・マネジメント

  4. 住宅市場での賃貸需要の高まりと所得格差の2極化

    【連載】アメリカ不動産事情 第86回 2022年に向けての不動産市場

  5. オータス、不動産クラウドファンディングのプラットホーム提供開始

    オータス

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ