東京ガス不動産、学生寮に参入、2棟352戸を完成

東京ガス不動産

物件紹介|2024年03月18日

  • twitter

ラティエラアカデミコ三鷹の外観

グループ所有の土地を活用

 不動産の賃貸事業を行う東京ガス不動産(東京都港区)は、同社初となる学生寮2棟352戸を完成させた。どちらもJR中央線沿いに立地し、多数の大学・専門学校へアクセスしやすい。これを皮切りに、学生向け物件の企画を進める。

 今回竣工したのは、「カレッジコート国分寺」「ラティエラアカデミコ三鷹」の2物件。共に14階建てのRC造で、各住戸にはバス・トイレを完備する。家具・家電を備え付けたワンルームだ。

 カレッジコート国分寺は、国分寺駅から徒歩4分に立地し、全121戸。地域の自然をモチーフに、外観デザインは地層をイメージした。賃料は8万6800円。

 ラティエラアカデミコ三鷹は231戸と規模が大きい。三鷹駅から徒歩5分、賃料は6万9500~8万9500円。建物内の食堂にて朝夕の食事提供があり、入居にあたっては食事の利用を必須とした。

 2物件には、それぞれ環境配慮型の建材を使用。カレッジコート国分寺の食堂にある配膳スペースの壁タイルは、廃棄予定の化粧品をアップサイクルしたものだ。

 開発推進部の大野木徹也氏は「ラティエラアカデミコ三鷹の階段壁面にも同様のタイルを使い、滝を表現したアート作品を設置した。アップサイクルによる循環型社会を、地球を循環する水に例えている」と話す。

ラティエラアカデミコ三鷹の廃材を活用したアート

ラティエラアカデミコ三鷹の廃材を活用したアート

 今回、学生寮を企画する決め手になったのが、開発地の立地だ。JR中央線沿いには多数の大学があるため、一般向けより学生向け物件が最適だと判断した。2物件とも、東京ガスグループの土地を有効活用したもの。

 新たな学生向け案件も進める。東京都足立区北千住にて、同社初となる学生マンションを企画している。2025年秋に竣工予定で、26年4月に入学する学生の入居を募集する予定だ。学生向け物件を含め、30年に賃貸住宅100棟の所有・運用を目指す。

(2024年3月18日2面に掲載)

おすすめ記事▶『東京ガス不動産、社内報活用し男性育休を推進』

検索

アクセスランキング

  1. JCOM、月額制の防犯カメラで攻勢【注目企業に迫る】

    JCOM(ジェイコム)

  2. 繁忙期、成約件数は堅調

    山一地所,旭ハウジング

  3. 日本情報クリエイト、100億件のビッグデータ活用

    日本情報クリエイト

  4. 法人・一般好調も、学生は苦戦【2024年繁忙期総括】

    住まいの戸田,クラッシー・ホームズ,ホワイトホームズ,つばめ不動産,グッドフェイス,高山不動産,アルカディア管財,三好不動産,早川不動産,武蔵小杉駅前不動産

  5. 富士リアルティ 永松秀行社長 木造建築強みに、売上13億円

    【企業研究vol.248】富士リアルティ

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ