ウェーブハウス 市川周治社長 岡山市で売買仲介年間239件

【企業研究vol.214】ウェーブハウス,イエステーション,ネットデータ

インタビュー|2023年08月17日

  • twitter

ウェーブハウス 岡山市 市川 周治 社長(55)

 収益不動産の売買仲介を行うウェーブハウス(岡山市)は、賃貸仲介・管理をメインに手がけてきたが、2003年より売買仲介事業にシフト。地元での知名度向上を狙った取り組みで、現在では年間売買仲介件数239件にまで伸長。売り上げの半分以上を占めるまで成長させてきた。近年はグループ会社を立ち上げ、システム開発にも注力。ほかの不動産会社、工務店への販売にもつなげ、システム販売で大きな利益を上げる。創業者である市川周治社長に、同社の成長のポイントと今後の事業展開を聞いた。

管理3000戸から方針転換 売買仲介をメインに経営

―御社の事業規模と主力事業を教えてください。

 主力事業は売買仲介です。岡山市内の住宅を中心に22年度は年間239件で、売り上げの約54%を占めています。創業時は賃貸仲介から始め、オーナーの信頼を獲得することで、賃貸管理を伸ばし、最大で3000戸を管理していましたが、主力事業を売買仲介に転換。新規の受託営業をやめ、管理物件の解約に伴って管理戸数は自然減少していき、今では約500戸にまで減り、事業売り上げは全体の約5%となっています。

―売買仲介においては、どのような物件の取引が多いですか。

 一番取り扱いが多いのは実需向けの中古マンションで、22年度の仲介件数は189件。次点が投資用のマンション・アパートで38件です。自身でも不動産投資を行っていて、その成功事例をフィードバックすることで、顧客の資産構築のコンサルティングをしています。

―なぜ管理戸数が3000戸にまで増えたのに、売買仲介にシフトしたのでしょうか。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『ビレッジハウス・マネジメント 岩元龍彦社長 低家賃の住宅運営、10万5000戸超』

検索

アクセスランキング

  1. 51%が管理物件の家賃値上げ

  2. 2024年賃貸仲介件数ランキング409社(1位~10位)

    2024年賃貸仲介件数ランキング

  3. フジ住宅、中古住宅価格見直し 減収減益

    フジ住宅

  4. ファイバーゲート、再エネ 各住戸に供給【差別化戦略】

    ファイバーゲート

  5. タイセイ・ハウジー 赤間健一郎社長 社宅代行強み、管理7万5675戸

    【企業研究vol.238】タイセイ・ハウジー

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ