いちごグループで2件の不動産STO

いちご,いちごオーナーズ,いちご投資顧問,SBI証券,三菱UFJ信託銀行

投資|2023年09月29日

  • twitter

いちごグループの不動産STOで対象とした賃貸マンション

公募額39億円、住宅以外での案件も検討

 「ブロックチェーンは不動産投資に新しい可能性を生み出すと考えている」。そう話すのは不動産投資事業を行ういちご(東京都千代田区)のグループ会社、いちごオーナーズ(同)の纐纈(こうけつ)雅彦社長だ。

 いちごグループとしての不動産 STO(セキュリティー・トークン・オファリング)の実績は2件。対象不動産は東京都内にある複数棟の賃貸マンションだ。資産規模は合わせて約120億円、公募総額は39億3700万円となった。運用期間は5年ほど、分配金利回りは共に4%とした。

 物件の選定・供給は、いちごオーナーズが担当する。「バランスシート上にある不動産の中から、STOを通じて購入される顧客のニーズに合った物件タイプや規模、エリアといった条件を基に物件を選び出し、サプライヤーとして供給する立場にある」(纐纈社長)

 アセットマネジメントは、いちご投資顧問(同)が行う。不動産を信託受益証券化する。2件の引受先はSBI証券(東京都港区)だ。販売方法は対面とインターネットで、その比率は同程度。今後はネット販売が増えていくとみる。

 ブロックチェーン基盤は三菱UFJ信託銀行(東京都千代田区)の「Progmat(プログマ)」を採用するが、ほかのシステム基盤を使う可能性もあるという。

 投資家は30~40代が6~7割を占めるが、2号案件は70代を超えた投資家もいた。この理由として纐纈社長は「いちごグループのファンが一定数いるのでは。いちごオーナーズが5%未満の出資をしていることもあり、グループの商品として、安心感があると購入しているのだろう。リピーターもいると聞く」と話す。

個人投資家向け商品を充実

 いちごグループはBtoBのビジネス展開をしてきたが、BtoCの事業を行う会社として2017年に設立したのが、いちごオーナーズだ。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『いちごオーナーズ 纐纈雅彦社長 不動産による分散投資を提案』

検索

アクセスランキング

  1. JCOM、月額制の防犯カメラで攻勢【注目企業に迫る】

    JCOM(ジェイコム)

  2. 繁忙期、成約件数は堅調

    山一地所,旭ハウジング

  3. 法人・一般好調も、学生は苦戦【2024年繁忙期総括】

    住まいの戸田,クラッシー・ホームズ,ホワイトホームズ,つばめ不動産,グッドフェイス,高山不動産,アルカディア管財,三好不動産,早川不動産,武蔵小杉駅前不動産

  4. アルデプロ、上場廃止

    アルデプロ

  5. 日本情報クリエイト、100億件のビッグデータ活用

    日本情報クリエイト

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ