レオパレス、50億円損失計上

レオパレス21

事件|2018年08月20日

  • twitter

界壁施工不備の補修工事費として

界壁施工不備問題を抱えるレオパレス21(東京都中野区)の2019年3月期第1四半期決算は、売上高が0.6%増の1292億6800万円、営業利益が40.8%減の41億2000万円、経常利益が40.2%減の41億3800万円だった。界壁施工不備にかかる補修工事費用などの損失負担見込み額50億円を特別損失に計上した。

50億円は調査状況の結果を踏まえ算出した金額。現在、1万4709棟を優先的に調査しており、1544棟の結果が出ている。界壁に不備がなかったのは670棟で、残りの874棟は界壁なし、もしくは界壁に不備がある状態が確認された。調査済み棟数の約57%を占める割合だ。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

検索
管理戸数/仲介件数/人気設備/建築 賃貸市場ランキング

アクセスランキング

  1. 2021年賃貸経営管理士受験、過去最多の3万人超

    一般社団法人賃貸不動産経営管理士協議会, Kenビジネススクール

  2. 東急、定額制住み替えサービス第2弾開始

    東急

  3. 野村不動産、シェアハウス参入

    野村不動産ホールディングス,野村不動産

  4. 賃貸住宅市場とは ~データで読み解く市場構造と課題~

  5. 大和ハウス工業など大手で賃貸住宅建築が復調

    大和ハウス工業, 大東建託, 積水ハウス, 旭化成ホームズ, スターツコーポレーション

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ