Colors Japan、現場調査向け3Dスキャン

Colors Japan(カラーズジャパン)

商品|2023年11月29日

  • twitter

同アプリでスキャンすると壁や床の長さも計測できる

 リフォーム会社、工務店、不動産会社が約7700社加盟する「全国優良リフォーム会員」の運営を行うColors Japan(カラーズジャパン:東京都中央区)は、現場調査の際に使うことができる「現場改善3DScan(スリーディースキャン)」の販売を10月1日に開始した。

月額3278円から利用可能

 同商品は「iPhone(アイフォーン)」と「iPad(アイパッド)」のLiDAR(ライダー)センサーを使って現地調査や管理を行うiOSアプリだ。部屋などをスキャンした後、iPhoneやiPadで3D(3次元)モデルを表示する。

 同アプリをインストールしたiPhoneやiPadを使って撮影するだけで、3D処理が自動的にできる。撮影後は現場から離れた後でも壁・床などの長さや面積の計測が可能。撮影した画像の回転や縮小・拡大にも対応する。さらに現場担当から設計担当へデータを送信することで、現場確認も円滑になる。現場での作業時間が短縮できる上に、現場作業が不十分だったときに再度現地に出向く手間も省く。

 利用料は1アカウントで月額3278円(税込み)。全国優良リフォーム会員のネットワークのスケールメリットを生かすことができるため、業界最安値(7月30日時点)を実現している。

 「これまでリフォーム現場で使う3Dスキャナーは、200万~300万円ほどかかる商品が多かった。だが、iPhone12以降、カメラの性能が向上したことから、今回当社で3Dスキャンアプリを開発し販売を始めた」と同社の藤田精社長は話す。

 初年度は1万アカウントの販売を目標としている。

(2023年11月27日9面に掲載)

おすすめ記事▶『ジェクト、3D図面で説明、受注獲得』

検索

アクセスランキング

  1. 51%が管理物件の家賃値上げ

  2. 2024年賃貸仲介件数ランキング409社(1位~10位)

    2024年賃貸仲介件数ランキング

  3. フジ住宅、中古住宅価格見直し 減収減益

    フジ住宅

  4. ファイバーゲート、再エネ 各住戸に供給【差別化戦略】

    ファイバーゲート

  5. タイセイ・ハウジー 赤間健一郎社長 社宅代行強み、管理7万5675戸

    【企業研究vol.238】タイセイ・ハウジー

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ