稼動率に偏らず収益性で判断

【連載】CPM®がもたらす高い職業倫理とプロフェッショナルスキル 第97回

賃貸経営|2023年07月29日

  • twitter

 2022年の5月30日号で、地域分析と賃料設定、稼働率についての記事を紹介しました。今回は稼働率についてもう少し掘り下げ、満室と空室を一般的な視点から少し変えながら「ほぼ満室がベスト」である理由を解説します。

良い条件の落とし穴 ひそむ危険な理由

 多くの人々が目指す満室運営。日々ざまざまな団体によるセミナーや勉強会に参加して、成功事例を参考に積極的に取り組んでいる人も少なくないのではないでしょうか。キャッシュフローの増加を目標に考えたとき、すべてのユニットから得られる営業利益の確保は非常に重要なものです。

 ただ、満室にこだわるが故に抜け落ちてしまうポイントが二つあります。それは、「想定空室期間と利回り(売却額)」です。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『郊外地活用に有効なコンテナ』

検索

アクセスランキング

  1. 51%が管理物件の家賃値上げ

  2. 2024年賃貸仲介件数ランキング409社(1位~10位)

    2024年賃貸仲介件数ランキング

  3. フジ住宅、中古住宅価格見直し 減収減益

    フジ住宅

  4. ファイバーゲート、再エネ 各住戸に供給【差別化戦略】

    ファイバーゲート

  5. タイセイ・ハウジー 赤間健一郎社長 社宅代行強み、管理7万5675戸

    【企業研究vol.238】タイセイ・ハウジー

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ