ヒューリック、環境重視の商業施設建を拡充

【連載】千葉明の株式教室 No.294

投資|2019年11月18日

  • twitter

高齢者・観光分野で30年までのCO²排出量45%削減目指す

中小企業向けの賃貸業で好収益

 不動産業界で「屈指の好収益率」企業のヒューリック(3003、12月期)の祖業は旧富士銀行(みずほ銀行)の店舗ビル管理。好収益の実態・背景を吉留学社長が、こう発言している。

①東京5区(千代田・中央・港・新宿・渋谷)の主要駅から徒歩3分以内の、中規模賃貸ビル事業に経営資源を集中している。日本の企業の99%が中小企業であり、当然の施策。
②みずほ銀行からの店舗賃料収入は全体の21%。賃貸マンションや高齢者施設業向けはサブリース方式で、空室リスクを負わない枠組み。前12月期の空室率は1%以下。
③2008年に東証1部移行後、連続増益・増配(今期も連続計画)。
④人口減少・高齢化という流れから、オフィス賃料収入が減少することは自然の流れ。今後は3K(高齢者・環境・観光)の新規事業分野の拡充を図る。至20年の中計も3K領域強化で進める。中計では「16%の営業増益(18年12月期比)」目標を掲げている。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『アンビションDXHD、管理戸数が伸長、売上14.7%増』

検索

アクセスランキング

  1. 省エネ性能ラベル表示、開始

    国土交通省,リクルート,アットホーム,LIFULL(ライフル),大東建託グループ,積水ハウスグループ

  2. コロンビア・ワークス、「総資産1兆円へ」開発を加速【上場インタビュー】

    コロンビア・ワークス

  3. パナソニック、冷凍・冷蔵品用の宅配ボックス

    パナソニック

  4. 明和地所、創業45年 浦安市で3000戸管理【新社長インタビュー】

    明和地所

  5. リース 中道康徳社長 家賃債務保証システムで成長

    【企業研究vol.244】リース

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ