ENECHANGE、空室時の電力手続きを代行

ENECHANGE(エネチェンジ)

商品|2024年01月30日

  • twitter

 電気・ガスの比較サイトを運営するENECHANGE(エネチェンジ:東京都中央区)は2023年12月1日、管理会社向けに空室時の電気手続きを代行するサービス「空室通電エネチェンジ」の提供を開始した。

イタンジと業務提携

 空室における電気契約の利用停止と開通に関する申し込み手続きを一括して代行する。空室期間中に発生する電気料金は原則ENECHANGEが負担。入退去ごとに生じる管理会社の手続きや請求といった業務負担を削減することができる。

 電気契約に関わる申し込み手続きは専用のウェブに登録した物件のステータスを変更することで完了し、利用状況はウェブ上でリアルタイムで確認できるようになる。管理会社は管理物件を一括で登録することも可能だ。

開通や使用停止の希望日付もウェブ上で指定できる画面画像

開通や使用停止の希望日付もウェブ上で指定できる

 23年12月21日には不動産テック企業のイタンジ(東京都港区)との業務提携を発表。今後、同社の賃貸借契約の電子申し込みサービス「申込受付くん」に登録された物件情報と連携し、管理会社が物件を登録する作業を省くことを想定する。

 ENECHANGEが対象物件の入居者に対し、電力やガスなどの案内を行うことが利用の条件となる。エネチェンジ事業部の神島健太マネージャーは「当社の案内に対する入居者の満足度が管理会社への評価にもつながっていくと考える。電気・ガスの比較サイトで培ってきたノウハウを基に、入居者に対して専門性の高いサポートができることが強みだ」と話す。

(2024年1月29日8面に掲載)

おすすめ記事▶『管理大手、EV充電設置を推進』

検索

アクセスランキング

  1. 51%が管理物件の家賃値上げ

  2. 2024年賃貸仲介件数ランキング409社(1位~10位)

    2024年賃貸仲介件数ランキング

  3. フジ住宅、中古住宅価格見直し 減収減益

    フジ住宅

  4. ファイバーゲート、再エネ 各住戸に供給【差別化戦略】

    ファイバーゲート

  5. タイセイ・ハウジー 赤間健一郎社長 社宅代行強み、管理7万5675戸

    【企業研究vol.238】タイセイ・ハウジー

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ