アドレス、空き家活用の多拠点サービス【注目企業インタビュー】

アドレス

インタビュー|2024年02月01日

  • twitter

 多拠点居住サービス「ADDress(アドレス)」を提供するアドレス(東京都千代田区)はサービスを開始した2019年より、会員数と物件数を右肩上がりに増やす。創業者の佐別当隆志社長に同社の成長を可能にした取り組みと今後の展開について話を聞いた。

4年で700物件に拡大

地域との交流強み 退会は5%未満

 ADDressは、定額制で同社が提供する物件に居住できるサービスだ。物件数は全国に約300棟700室(22日時点)。会員数は非開示だが、23年6月末時点で22年6月末比約57%増加した。

会社概要 売上推移グラフ

 オーナーや不動産会社から借り上げた空き家を改修する案件が中心だ。居住中の住宅で、子どもが独立するなどして今は使っていない部屋などを、間貸しのような形で提供する物件もある。会員とは賃貸借契約を結ぶ。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『タマキホーム、那覇市で分譲マンション開発【注目企業インタビュー】』

検索

アクセスランキング

  1. 51%が管理物件の家賃値上げ

  2. 2024年賃貸仲介件数ランキング409社(1位~10位)

    2024年賃貸仲介件数ランキング

  3. フジ住宅、中古住宅価格見直し 減収減益

    フジ住宅

  4. ファイバーゲート、再エネ 各住戸に供給【差別化戦略】

    ファイバーゲート

  5. タイセイ・ハウジー 赤間健一郎社長 社宅代行強み、管理7万5675戸

    【企業研究vol.238】タイセイ・ハウジー

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ