ハワイ不動産の減価償却について

【連載】サチ ハワイのアロハ通信 No.110

投資|2024年02月02日

  • twitter

 今回は、ハワイ不動産の減価償却についてご説明します。

築47年以上のコンドミニアム投資過熱

 ハワイでは日本より利回りが低い傾向ですが、それでも日本人がハワイで不動産を購入する理由には、「もちろんハワイが好きで別荘がほしい」という方が多くありますが、投資として購入する方も一定数います。日本人がハワイの利回りが実質で2%前後と低いのにもかかわらず不動産を購入する理由は、キャピタルゲインも期待して購入し、かつ減価償却の仕組みを使って税メリットを得るためです。

 そもそも減価償却とは、経年とともに物が劣化する価値を、会計上の損失として費用計上できる仕組みです。不動産においては、土地は経年とともに物が劣化することがないので減価償却できませんが、建物は劣化する物になりますので減価償却の対象となります。その建物の価値の割合が、日本よりアメリカのほうが高い傾向で、ハワイでは特にコンドミニアムが高い傾向です。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『バケーションレンタルの規制強化』

検索

アクセスランキング

  1. 51%が管理物件の家賃値上げ

  2. 2024年賃貸仲介件数ランキング409社(1位~10位)

    2024年賃貸仲介件数ランキング

  3. フジ住宅、中古住宅価格見直し 減収減益

    フジ住宅

  4. ファイバーゲート、再エネ 各住戸に供給【差別化戦略】

    ファイバーゲート

  5. タイセイ・ハウジー 赤間健一郎社長 社宅代行強み、管理7万5675戸

    【企業研究vol.238】タイセイ・ハウジー

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ