Keiden 小林香社長 取り換え錠で鍵管理を効率化

【企業研究vol.237】Keiden(ケイデン)

インタビュー|2024年02月14日

  • twitter

Keiden 東京都文京区 小林 香 社長(53)

 カードキーを使った取り換え錠の開発・販売を行うKeiden(ケイデン:東京都文京区)。1978年発売の磁気カードキーは、シリンダーの交換なしで以前の鍵が無効化できる、当時としては画期的な製品で、多くの賃貸住宅に採用された。2022年に同社の経営を引き継いだ小林香社長に、賃貸住宅の鍵管理業務と製品開発の関係について聞いた。

カードで施解錠 低コストで鍵交換

―御社の主力製品を教えてください。

 ICカードなどで施解錠ができる取り換え錠「Fe‐Lock(エフイーロック)」シリーズです。本体上部の読み取り部にICカードをかざすことで施解錠する電子錠で、09年の発売以来、シリーズ累計で約10万台を販売しています。ドライバー1本で既存の錠前から交換可能な点と、集合住宅共用部向け・オフィス向け・賃貸住宅玄関ドア向けの3タイプのICカード登録・管理方法を用意している点が特長です。賃貸住宅玄関ドア向けの「マルチタイプ」は、空室として登録したすべての部屋を施解錠することができる「空室カード」の設定など、賃貸管理に特化した機能を盛り込んでいます。

―賃貸住宅向けに取り換え錠を提供し始めたのはいつからですか。

 当社の賃貸住宅向けの取り換え錠として最初に提供したのは、ドッグタグのような形のステンレス製カード「タグカード」を鍵として使用する「カードシリンダー」です。カードには磁気層を内蔵しており、カードシリンダー内で磁気エネルギーを照合することによって施解錠を行います。カードシリンダー自体は1978年から販売していましたが、96年には空室の登録や居室とカードキーのひも付けを行う鍵管理システムを開発し、これとセットで賃貸管理に特化した取り換え錠として改めて発売しました。

―どのような特長がある取り換え錠なのですか。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『Keiden、スマホ制御のキーボックス』

検索

アクセスランキング

  1. 省エネ性能ラベル表示、開始

    国土交通省,リクルート,アットホーム,LIFULL(ライフル),大東建託グループ,積水ハウスグループ

  2. コロンビア・ワークス、「総資産1兆円へ」開発を加速【上場インタビュー】

    コロンビア・ワークス

  3. パナソニック、冷凍・冷蔵品用の宅配ボックス

    パナソニック

  4. 明和地所、創業45年 浦安市で3000戸管理【新社長インタビュー】

    明和地所

  5. リース 中道康徳社長 家賃債務保証システムで成長

    【企業研究vol.244】リース

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ