住友林業レジデンシャル 吉田浩社長 住林G、管理4万3744戸に伸長

【企業研究vol.243】住友林業レジデンシャル

インタビュー|2024年04月01日

  • twitter

住友林業レジデンシャル 東京都新宿区 吉田 浩 社長(62)

 住友林業グループの住友林業レジデンシャル(東京都新宿区)は、賃貸管理専業で4万3744戸まで管理戸数を伸ばす。オーナーとの関係性の構築を強化し、管理解約の抑制や改修の受注にもつなげていく。外国人向け賃貸の新ブランドもスタートした。吉田浩社長に、同社の強みや新たなチャレンジについて聞いた。

売上は323億円超 1都3県の受託7割

―業績が堅調ですね。

 2023年12月期の売上高は前年同期比101%の323億1500万円、経常利益は25億円と同136%の増益でした。事業構成比は、サブリースや管理、設備交換・小規模修繕を含む管理事業が96.6%、リノベーション・外部改修工事を含む請負工事事業が2.7%、借地権事業が0.7%です。商圏は1都3県(東京、神奈川、埼玉、千葉)、東海3県、関西で、本社と九つの支店を置いています。従業員数は約350人です。管理戸数は4万3744戸(23年12月末時点)で、年間平均1500戸ほどのペースで増加しています。サブリースが56%、一般管理が44%。受託物件の立地は1都3県が7割ほどを占めます。

―管理戸数の増加については何が寄与していますか。

 23年12月期における住友林業(東京都千代田区)の賃貸住宅「フォレストメゾン」建築戸数は676戸で、そのうち当社で管理するのは436戸。増加分の30%ほどを占めます。受託増に寄与しているのは、不動産会社や金融機関からの紹介です。14年ごろに、法人営業部を立ち上げました。現在10人ほどが在籍しています。この部署で、不動産会社への案件紹介を受けるための営業を中心に行っています。法人営業部が関わった新規仕入れ戸数分が全体の6割ほどを占めています。

―借地関連サービスの提供も御社の特徴の一つといえます。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『ラルズネット 鈴木太郎社長 地域別ポータル展開、970社利用』

検索

アクセスランキング

  1. JCOM、月額制の防犯カメラで攻勢【注目企業に迫る】

    JCOM(ジェイコム)

  2. 繁忙期、成約件数は堅調

    山一地所,旭ハウジング

  3. 法人・一般好調も、学生は苦戦【2024年繁忙期総括】

    住まいの戸田,クラッシー・ホームズ,ホワイトホームズ,つばめ不動産,グッドフェイス,高山不動産,アルカディア管財,三好不動産,早川不動産,武蔵小杉駅前不動産

  4. アルデプロ、上場廃止

    アルデプロ

  5. 日本情報クリエイト、100億件のビッグデータ活用

    日本情報クリエイト

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ