明和地所、創業45年 浦安市で3000戸管理【新社長インタビュー】

明和地所

インタビュー|2024年04月07日

  • twitter

明和地所 千葉県浦安市 今泉 向爾 社長(40)

 千葉県浦安市を拠点とする総合不動産会社の明和地所(千葉県浦安市)は、今泉向爾氏が2023年5月に代表取締役社長に就任した。「生涯頼れる不動産会社に」をキャッチフレーズに、会社づくりに挑む。

「生涯頼れる不動産会社に」

売上高11億円 家主の8割投資家

 「生涯頼れる地場の不動産会社であるため、経営基盤を安定させる。フローとストックの収入のバランスを取りつつ、部署を超えたシナジー効果を出し、会社全体で伸びていく」と今泉社長は前を向く。

 明和地所は今泉社長の父・浩一氏が1979年に設立し、創業45年を迎える。明和地所の2023年11月期の売上高は約11億円。グループ会社でリフォームや住宅設計を行うアールデザイン(同)の売上高を含めると約22億円になる。明和地所単体での事業別売り上げ比率は売買仲介が4割、賃貸仲介と管理でそれぞれ3割、そのほか太陽光発電事業となっている。従業員数は明和地所単体で60人。

 今では浦安市内において一定の知名度を持つようになったが、創業当初は地主とのつながりがほとんどなかった。初代社長がバブル期に、アパートやマンションを建築し販売するビジネスモデルを展開。販売後の受託で管理戸数を伸長した。管理戸数は約3000戸(2月16日時点)になった。

 受託するオーナーは約700人、そのうち約8割が投資家系で、約2割が地主系だ。管理物件の入居率は95%。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『駿河、北海道千歳で6600戸超管理【新社長インタビュー】』

検索

アクセスランキング

  1. JCOM、月額制の防犯カメラで攻勢【注目企業に迫る】

    JCOM(ジェイコム)

  2. 繁忙期、成約件数は堅調

    山一地所,旭ハウジング

  3. 法人・一般好調も、学生は苦戦【2024年繁忙期総括】

    住まいの戸田,クラッシー・ホームズ,ホワイトホームズ,つばめ不動産,グッドフェイス,高山不動産,アルカディア管財,三好不動産,早川不動産,武蔵小杉駅前不動産

  4. アルデプロ、上場廃止

    アルデプロ

  5. 日本情報クリエイト、100億件のビッグデータ活用

    日本情報クリエイト

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ