志乃丘商事、管理2300戸 公営住宅受託で成長

志乃丘商事

インタビュー|2024年05月22日

  • twitter

 8月で創業53年を迎え、メイン商圏の石川県小松市で賃貸住宅の管理シェア約15%を誇る志乃丘商事(石川県小松市)。人口減少が進むエリアでの成長の選択肢として、高齢入居者の受け入れにアクセルを踏む。他社と同じ土俵で戦わない、差別化戦略について篠岡沁一郎社長に話を聞いた。

高齢者受け入れに商機見出す

小松でシェア15%

 志乃丘商事は、公営住宅の管理を強みに持つ。篠岡社長は「メイン商圏の小松市は、法人や学生など、突出した賃貸住宅需要が見られないエリア。新たな事業の柱として、公営住宅の管理に注目した」と話す。

 管理戸数2300戸のうち、5割超を占める1200戸が市営住宅だ。一般の賃貸住宅は、小松市を中心に隣接する白山市、加賀市、能美市で1100戸を管理。年間10戸ペースで純増させてきた。特に小松市内の管理シェアは約15%となる。オーナーの属性は、6割が地主系だ。

 同社の創業は売買仲介事業。1971年に、篠岡社長の父がゼネコンと不動産会社の二つの会社を設立した。ゼネコンは倒産し、もう1社の不動産会社が現在の志乃丘商事として事業を継続している。篠岡社長は、明治大学の建築学科を卒業後、北陸エリアで展開するゼネコンに入社。86年に家業に戻り、93年に2代目に就任した。

 篠岡社長がトップに就いてから、既存事業として行っていた売買仲介に加え、賃貸管理、賃貸仲介と事業を拡大してきた。管理は、創業時にグループだったゼネコンが建築した賃貸住宅や売買仲介で接点を持ったオーナーから受託。JPMC(東京都千代田区)のパートナー企業に加盟することなどにより、着実に管理戸数を増加。2018年ごろには1000戸を突破した。仲介事業は、不動産フランチャイズチェーンの「ピタットハウス」に加盟する。

 事業構成比は、売上高のうち、賃貸管理が4割、賃貸仲介が3割、売買仲介が2割、公営住宅管理が1割。

 従業員は18人で、小松市に本社兼店舗、金沢市に仲介店舗を置き計2拠点を構える。

JVで運営効率化

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『高齢単身世帯、50年に20%台へ』

検索

アクセスランキング

  1. LPガス、7月から法改正

    経済産業省

  2. マンスリー、法人需要で伸長

    リブ・マックス,長栄,matsuri technologies(マツリテクノロジーズ),Weekly&Monthly(ウイークリーアンドマンスリー)

  3. GATES 関野雄志社長 ワンルーム売買で売上153億円

    【企業研究vol.252】GATES(ゲイツ)

  4. 空き家活用、空き家情報の発信に注力【クローズアップ】

    空き家活用

  5. (一社)大阪府不動産コンサルティング協会、2億円相当の空き家流通促す

    一般社団法人大阪府不動産コンサルティング協会

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ