東京アセットソリューション、収益物件開発 売上135億円【成長企業インタビュー】

東京アセットソリューション

インタビュー|2024年06月10日

  • twitter

 東京23区を中心に収益不動産の開発や再生を行う東京アセットソリューション(東京都港区)は、2023年度の売り上げが135億円と、前年度から26億円伸ばした。マンションの開発・販売に力を入れ、長期目線での収益性向上を見据えた戦略が奏功している。寺敷信昭社長に、これまでの軌跡と今後の展望について聞いた。

長期目線での価値向上を重視

2年で売上2倍

 東京アセットソリューションは、東京23区を中心に投資用マンションの開発や再生、賃貸業、賃貸管理など幅広く展開し事業を拡大してきた。売り上げは、21年12月期に66億円、22年12月期に109億円、23年12月期は135億円と堅調に成長を続ける。

 事業の特徴は、長期目線で収益性向上を見据えた不動産の開発、販売だ。特に、複数の権利者がいる不動産を、時間をかけて取得し、その後、デベロッパーに売却することで、売り上げを伸ばしてきた。取得した不動産の収益性を最も高めるための手法として、売却、開発、再生など幅広い可能性を長期的な視野から検討。事業を走らせながら、柔軟に戦略を変える。

 同社が所有する物件数は52件(23年12月末時点)。事務所などの事業用と共同住宅などの居住用の割合は半々だ。物件の戦略変更で保有が長期化し売り上げのめどが立ちにくいデメリットを補うため、数多く物件を保有することでリスクヘッジとしている。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『NITOH、不動産開発で年商93億円【成長企業インタビュー】』

検索

アクセスランキング

  1. LPガス、7月から法改正

    経済産業省

  2. マンスリー、法人需要で伸長

    リブ・マックス,長栄,matsuri technologies(マツリテクノロジーズ),Weekly&Monthly(ウイークリーアンドマンスリー)

  3. 空き家活用、空き家情報の発信に注力【クローズアップ】

    空き家活用

  4. GATES 関野雄志社長 ワンルーム売買で売上153億円

    【企業研究vol.252】GATES(ゲイツ)

  5. (一社)大阪府不動産コンサルティング協会、2億円相当の空き家流通促す

    一般社団法人大阪府不動産コンサルティング協会

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ