賃借人が亡くなった場合の処理

【連載】弁護士が解決!!身近な不動産トラブル 第78回

法律・制度|2022年01月05日

  • twitter

 当社はマンションの賃貸人兼管理会社です。先日、当社が賃貸人であるマンションの部屋で、賃借人が死亡していたことが発覚しました。死亡した賃借人は1人で入居しており他に入居者はいません。当該賃借人の相続人が誰であるかも把握していない状況ですが、今後、部屋の明け渡しに向けてどのような処理をすればよいでしょうか。ちなみに賃借人が死亡してから3カ月分以上の賃料の滞納があります。

未払い賃料は相続人に請求 死亡の前後で金額が変わる

①相続人の調査

 まず貴社が行うべき措置としては、死亡した賃借人の相続人を調査することです。なぜなら賃借人としての地位は財産権の一つであるため、相続人が相続する財産のうちの一つとなるからです。

 そして、相続人の存在が判明した場合、既に相続人間で遺産分割協議が終わっているなどの事情がなければ、賃借人としての地位は相続人が法定相続分に従って相続していることになります。この点は相続人が故賃借人の入居していたマンションに居住しているか、していないかにかかわらず、賃借人としての地位を相続することになります。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『賃貸契約における、裁判などを経ない 部屋の明け渡しの可否について』

検索
管理戸数/仲介件数/人気設備/建築 賃貸市場ランキング

アクセスランキング

  1. 国家資格化後初の賃貸不動産経営管理士試験、合格1万人超

    一般社団法人賃貸不動産経営管理士協議会, Ken(ケン)ビジネススクール

  2. 2022年版で賃貸仲介件数を伸ばした企業のウェブ集客<4000件~1万件台企業5社>

    大東建託グループ, 大東建託リーシング, ハウスコム, タウンハウジング, 京都ライフ, 明和不動産, 福徳不動産

  3. 2022年版賃貸仲介件数ランキング404社(1位~10位)

    2022年版賃貸仲介件数ランキング

  4. コロナ禍の影響、給湯器の供給不足が深刻に

    高山不動産, キンライサー, 大問屋, 住研川越

  5. 入居後の生活関連サービスの提供も視野【トップインタビュー】

    CHINTAI(チンタイ)

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ