全面解禁間近!電子契約の実態 ~前編~

ランドトラスト, ドキュサイン・ジャパン, エステムプランニング, イタンジ

管理・仲介業|2022年01月04日

  • twitter

 宅地建物取引業法の改正により、2022年5月中旬までに賃貸仲介時の電子契約が全面解禁となる。電子契約を導入することによって、どのようなメリットがあるのか、興味がある不動産会社は少なくないだろう。国が行う電子契約の社会実験に参加している企業や、サブリースや売主としての売買契約ですでに電子契約を導入している企業5社に、電子契約活用により得られた効果を聞いた。

書類不備予防に効果、70~80パートナー業務減も

ランドトラスト、サブリースでの電子化は9割超

 宅建業法に含まれない、サブリースによる貸主・借主間の直接の賃貸借契約ではすでに完全オンライン契約が可能であり、電子化で効果を上げるサブリース会社もある。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

関連記事▶全面解禁間近!電子契約の実態【[前編][後編]]】

検索

アクセスランキング

  1. JCOM、月額制の防犯カメラで攻勢【注目企業に迫る】

    JCOM(ジェイコム)

  2. 繁忙期、成約件数は堅調

    山一地所,旭ハウジング

  3. 法人・一般好調も、学生は苦戦【2024年繁忙期総括】

    住まいの戸田,クラッシー・ホームズ,ホワイトホームズ,つばめ不動産,グッドフェイス,高山不動産,アルカディア管財,三好不動産,早川不動産,武蔵小杉駅前不動産

  4. 宅配ボックス補助金、申請受付

    国土交通省,ハッピーハウス

  5. アルデプロ、上場廃止

    アルデプロ

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ