国内インフレが加速しFRBでは金融引き締め準備

【連載】アメリカ不動産事情 第91回 2022年不動産投資

投資|2022年02月10日

  • twitter

ロサンゼルス、ダウンタウンのアパート風景

 米国では2年目を迎えたバイデン政権が迷走を続けている。過度の財政出動を続けた結果、国内インフレが加速中だ。最高値を更新するニューヨーク株式市場に対し、FRB(米国連邦準備理事会)による金融引き締めの準備が始まった。

不動産投資は中長期的視点を持つことがポイント

■不動産投資の原則

 米国のヘッジファンドアドバイザーとして知られるスチーブ・スゲールド博士は投資家向けニュースレター「TRUEWEALTH:ツルー・ウエルス」を創設、市場分析と投資アイデアを無料でメール発信しているが10年物米国国債利回りは投資市場で最も注目すべき数値とみる。金利動向を投資市場のバロメーターとする同氏の基本原則を紹介する。

その1:高値買いの回避

 スゲールド氏の最初の不動産投資は1990年に開始。趣味のサーフィンで訪れた中米のリゾート地に当時1万5000ドルで更地を購入、サーファーを対象にした賃貸向け住宅を建てた。当初は遠隔地から物件管理の難題に直面したが、このときに不動産投資のイロハを学んだ。

 以来30年余りの投資実績を経て構築した同氏の富の大半は不動産投資だ。実物資産を通じての投資は実感できることが魅力だ。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『大都市での賃貸住宅需要は底堅い』

検索
管理戸数/仲介件数/人気設備/建築 賃貸市場ランキング

アクセスランキング

  1. 【不動産DXのシステム特集】~賃貸管理システム編~

    アットホーム,日本情報クリエイト,いえらぶGROUP,アセットコミュニケーションズ,Bambooboy(バンブーボーイ),東計電算

  2. ハウスメーカー、賃貸復調

    レオパレス21,大和ハウス工業, 大東建託,積水ハウス,旭化成ホームズ,スターツコーポレーション

  3. 【管理業法を解説!~後編~】Q&Aで疑問を解決!管理戸数あたりの管理者の配置基準はあるの?

  4. 【管理業法を解説!~前編~】200戸以上の管理受託、無登録は罰則へ

  5. 【2代目家主座談会・前編】求めるのは"担当者の人柄"

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ