国内インフレが加速しFRBでは金融引き締め準備

【連載】アメリカ不動産事情 第91回 2022年不動産投資

投資|2022年02月10日

  • twitter

ロサンゼルス、ダウンタウンのアパート風景

 米国では2年目を迎えたバイデン政権が迷走を続けている。過度の財政出動を続けた結果、国内インフレが加速中だ。最高値を更新するニューヨーク株式市場に対し、FRB(米国連邦準備理事会)による金融引き締めの準備が始まった。

不動産投資は中長期的視点を持つことがポイント

■不動産投資の原則

 米国のヘッジファンドアドバイザーとして知られるスチーブ・スゲールド博士は投資家向けニュースレター「TRUEWEALTH:ツルー・ウエルス」を創設、市場分析と投資アイデアを無料でメール発信しているが10年物米国国債利回りは投資市場で最も注目すべき数値とみる。金利動向を投資市場のバロメーターとする同氏の基本原則を紹介する。

その1:高値買いの回避

 スゲールド氏の最初の不動産投資は1990年に開始。趣味のサーフィンで訪れた中米のリゾート地に当時1万5000ドルで更地を購入、サーファーを対象にした賃貸向け住宅を建てた。当初は遠隔地から物件管理の難題に直面したが、このときに不動産投資のイロハを学んだ。

 以来30年余りの投資実績を経て構築した同氏の富の大半は不動産投資だ。実物資産を通じての投資は実感できることが魅力だ。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『大都市での賃貸住宅需要は底堅い』

検索

アクセスランキング

  1. セレンディクス、24時間で完成する住宅登場

    セレンディクス

  2. 【進む不動産DX】導入事例5社から学ぶ、現場の効果

    プロパティワコー,ワークデザイン,ニーリー,リブライフマーケティング,アセットコミュニケーションズ,ジョイフルマネージメント,WealthPark(ウェルスパーク),アセットリード,スマサポ

  3. 在宅勤務者や動画配信者が室内に防音部屋を導入、レンタル20%増

    ヤマハミュージックジャパン,ピアリビング,三司商事,リクルート

  4. 元「かぼちゃの馬車」全1万5000戸にスマートロック導入

    ビットキー

  5. 高齢者向け見守りサービス、1年で2倍伸長も。低価格化で導入

    R(アール)65,東京ガス,ホームネット

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ