大都市での賃貸住宅需要は底堅い

【連載】アメリカ不動産事情 第90回 2022年米国不動産市場予想

データ|2022年01月09日

  • twitter

 新型コロナウイルス禍で暮れた2021年から明けて22年は十二支の「壬寅(みずのえとら)」となり、厳しい時期を経て芽吹きの年が期待されるとのことだ。

中古住宅の高騰で住居の多様性広がる

 一方で22年の米国経済は悪性インフレで始まり、同様に物価上昇が懸念される日本や不動産バブルの崩壊が迫る中国、さらにはコロナ感染が収まらない欧州諸国など世界経済には課題の多い一年が予想される。

■利上げとヘッジファンドの投資先

 NAR(全米不動産業者協会)が21年11月に発表したデータを基に22年度の不動産市場の動向を予想してみた。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『コロナ禍からV字回復するも悪性インフレが進行中』

検索

アクセスランキング

  1. 共立メンテナンス、学生寮でメロン栽培

    共立メンテナンス

  2. 賃貸住宅フェア2022セミナーレポート

    リーガルスムーズ

  3. 印紙代、年2000万円以上を削減

    FJネクスト,ベルテックス,ジャパンリアルター,GA technologies(ジーエーテクノロジーズ)

  4. 【賃貸管理会社の経営分析 ~受託営業編~】約10棟分の家賃アップ成功事例資料で受託営業

    イムズパートナー,コーエー住宅

  5. 高齢者向け見守りサービス、1年で2倍伸長も。低価格化で導入

    R(アール)65,東京ガス,ホームネット

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ