大都市での賃貸住宅需要は底堅い

【連載】アメリカ不動産事情 第90回 2022年米国不動産市場予想

データ|2022年01月09日

  • twitter

 新型コロナウイルス禍で暮れた2021年から明けて22年は十二支の「壬寅(みずのえとら)」となり、厳しい時期を経て芽吹きの年が期待されるとのことだ。

中古住宅の高騰で住居の多様性広がる

 一方で22年の米国経済は悪性インフレで始まり、同様に物価上昇が懸念される日本や不動産バブルの崩壊が迫る中国、さらにはコロナ感染が収まらない欧州諸国など世界経済には課題の多い一年が予想される。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

検索
管理戸数/仲介件数/人気設備/建築 賃貸市場ランキング

アクセスランキング

  1. 2022年版賃貸仲介件数ランキング404社(1位~10位)

    2022年版賃貸仲介件数ランキング

  2. 2022年版で賃貸仲介件数を伸ばした企業のウェブ集客<4000件~1万件台企業5社>

    大東建託グループ, 大東建託リーシング, ハウスコム, タウンハウジング, 京都ライフ, 明和不動産, 福徳不動産

  3. 入居後の生活関連サービスの提供も視野【トップインタビュー】

    CHINTAI(チンタイ)

  4. 2022年版賃貸仲介件数ランキング地方版トップ10

    ウィルハウスグループ, 一誠商事

  5. コロナ禍の影響、給湯器の供給不足が深刻に

    高山不動産, キンライサー, 大問屋, 住研川越

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ