首都圏住宅設備機器保障共済会、新たな設備保障サービス開始

首都圏住宅設備機器保障共済会

商品|2022年04月19日

  • twitter

 首都圏住宅設備保障共済会(神奈川県横浜市)は、5月から新たな住宅設備機器の保障サービスを開始する。従来は新築および築7年以内の物件のみを対象としていたが、築年数に関係なく利用できるサービスを展開することで、利用者数の拡大を図る。

築8年以上の物件も対象に

 同共済会が提供する住宅設備機器の保障サービスの流れは4段階。①管理会社がオーナーから共済掛け金を受け取り、同共済会へ納める②修繕が必要になった際に管理会社が同共済会へ修繕費用を請求する③同共済会が蓄えていた共済掛け金から修繕費用を引き出して管理会社へ送る④管理会社は同共済会から受け取った修繕費用で修繕を行う。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『火災保険の基礎を学ぶ③』

検索

アクセスランキング

  1. 異次元の金融緩和が終了

    日本銀行

  2. 明和地所、創業45年 浦安市で3000戸管理【新社長インタビュー】

    明和地所

  3. タスキ/新日本建物、持ち株会社を設立【トップインタビュー】

    タスキホールディングス,タスキ,新日本建物

  4. 住友林業レジデンシャル 吉田浩社長 住林G、管理4万3744戸に伸長

    【企業研究vol.243】住友林業レジデンシャル

  5. ESTATE SYSTEM、IoTの導入推進でほぼ満室

    ESTATE SYSTEM(エステートシステム)

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ