私道、利用者によって3通りの評価

【連載】事例に見る相続税還付

法律・制度|2021年10月23日

  • twitter

 今回は、相続税評価における私道の評価を紹介します。

 まず、敷地の中に公道ではない道があるなど、個人が所有する土地を私道として使っていたときは、次のような3通りの相続税評価の方法があります。

 第一に、公道から公道への抜け道や、公園、商店街などに出入りする道など、不特定多数の人が利用する道となっている土地は、公共性があるため、0円評価となります。この場合、私道の土地は相続税の課税対象になりません。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『騒音による「利用価値の低下」で10%の評価減も』

検索
管理戸数/仲介件数/人気設備/建築 賃貸市場ランキング

アクセスランキング

  1. 2021年賃貸経営管理士受験、過去最多の3万人超

    一般社団法人賃貸不動産経営管理士協議会, Kenビジネススクール

  2. 東急、定額制住み替えサービス第2弾開始

    東急

  3. 野村不動産、シェアハウス参入

    野村不動産ホールディングス,野村不動産

  4. 賃貸住宅市場とは ~データで読み解く市場構造と課題~

  5. 大和ハウス工業など大手で賃貸住宅建築が復調

    大和ハウス工業, 大東建託, 積水ハウス, 旭化成ホームズ, スターツコーポレーション

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ