【電帳法改正1年】電子契約書類などの保管に要注意

弁護士ドットコム

ニュース|2022年11月18日

  • twitter

 2022年の電子帳簿保存法(以下、電帳法)改正により、不動産会社は電子取引データの保管など、実務への影響があるため注意しておきたい。電子上でやり取りした契約書などは電子データのまま保管することが義務化され、完全移行は24年1月だ。適法に電子書類を保管するための詳細ルールを策定し現場に浸透させる必要がある。

電子データで授受、紙保管不可に

 22年1月の電帳法の改正により電子上で取引した場合の書類は、電子データのまま保管することが義務化された。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『消費税控除に適格請求書必須』

検索

アクセスランキング

  1. サブリース賃料未納問題浮上

    BLAZE(ブレイズ),ReVie(レヴィー),エレマックス,弁護士法人山村法律事務所

  2. 空室に覚せい剤置き配

    東京税関,公益財団法人日本賃貸住宅管理協会

  3. 不動産市場、崩壊の見込み薄【2023年 不動産市場予測】

    一般財団法人日本不動産研究所

  4. 多拠点居住サービス活況

    アドレス,グッドルーム,三井不動産レジデンシャル,GrowHack(グロウハック),絆家,LIFULL(ライフル)

  5. 東京・六本木の仲介会社で爆発

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ