キリン堂HD、ドミナント展開とネット戦略で好調

【連載】千葉明の株式教室 No.301

投資|2022年08月08日

  • twitter

激しい競争下着実な歩み

 関西を拠点にドラッグストアチェーン、キリン堂などを展開するキリン堂ホールディングス(3194、以下キリン堂)が、競争激化のドラッグストア業界にあって着実な歩みを継続している。前2020年2月期に至る5期間の平均営業増益率は29.32%。この間25円配当が40円配に増加。今2月期も「コロナウイルス禍を読み通せず、その影響は含んでいない」としながらも「13.0%の営業増益、2円増配42円配」計画で立ち上がった。ちなみに3月の既存店売上高は前年同月比3.8%増、4月は5.0%増。と同時に23年2月期に至る中計を発表「売上高1485億円(前期比11.4%増)、営業利益47億8000万円(同70.9%増)」目標を掲げている。

越境ECにより中国市場で事業基盤拡大

 キリン堂の堅調さの背景はどんな点に求められるか。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『フリー、クラウド型会計ソフトで増収予想』

検索

アクセスランキング

  1. 異次元の金融緩和が終了

    日本銀行

  2. 明和地所、創業45年 浦安市で3000戸管理【新社長インタビュー】

    明和地所

  3. タスキ/新日本建物、持ち株会社を設立【トップインタビュー】

    タスキホールディングス,タスキ,新日本建物

  4. 住友林業レジデンシャル 吉田浩社長 住林G、管理4万3744戸に伸長

    【企業研究vol.243】住友林業レジデンシャル

  5. ESTATE SYSTEM、IoTの導入推進でほぼ満室

    ESTATE SYSTEM(エステートシステム)

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ