スルガ株主総会 家主救済策発表も疑問の声

スルガ銀行

事件|2018年07月02日

  • twitter

野村不動産ら3社と提携し入居促進

スルガ銀行(静岡県沼津市)は6月28日に株主総会を開き、同社で融資を行ったシェアハウスのうちサブリース会社が倒産したオーナーの救済案を発表した。大手不動産会社と提携した入居付け支援と金融ADRに対応する姿勢を見せたが、有効性を疑問視するオーナーの声も上がった。

6月28日に本店のある沼津市内で行われたスルガ銀行の株主総会は、開場前から行列ができ、ものものしい空気に包まれていた。

シェアハウス関連融資の残高が2035億円にのぼるが、「かぼちゃの馬車」のスマートデイズを筆頭にシェアハウスのサブリース会社は次々と倒産。貸倒引当金を大幅に積み増したことで経常利益は582億2200万円から105億2500万円と前期比の5分の1になった。来場した株主は「初めて株主総会に出席した。個人向け融資に振り切り、無理な融資を重ねて今回のような問題になっている。これからどう経営の軌道修正をしていくのかを直接聞きたかった」という声が上がった。

出席者によると、開始から2~3分は同社の経営陣に対して「謝罪しろ」などの怒号が飛び交った。役員11人が壇上に上がり、創業一家の岡野光喜会長をはじめ、米山明広社長ら役員全員で陳謝した。
業績が悪化し、株価が今年1月の年初来高値の3分の1になったにも関わらず役員がほぼ再任されたことについて株主から追及を受け、米山社長は「第三者委員会の調査の内容を踏まえて出処進退を考えたい」とコメントしたという。

今回の総会ではシェアハウス融資に対する救済策について説明をした。救済策は大きく2つ。1つはシェアハウス経営の入居付けサポート体制の構築だ。岡野会長が「もっとも大切だと考えているのは債務者の生活基盤を守るということ」と話し、東京都日本橋の東京本部にシェアハウス等顧客対策室を創設したことを発表。

シェアハウスの入居率を高めるサポートをするため、三井不動産リアルティ、野村不動産、野村不動産アーバンネットの3社とアドバイザリー契約を結ぶ予定だ。
もう1つは金融ADRに対応することだ。スルガ銀行がADR対応の姿勢を見せることでオーナーの要望について対応の余地があることを示した。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

検索

アクセスランキング

  1. 異次元の金融緩和が終了

    日本銀行

  2. 明和地所、創業45年 浦安市で3000戸管理【新社長インタビュー】

    明和地所

  3. タスキ/新日本建物、持ち株会社を設立【トップインタビュー】

    タスキホールディングス,タスキ,新日本建物

  4. 住友林業レジデンシャル 吉田浩社長 住林G、管理4万3744戸に伸長

    【企業研究vol.243】住友林業レジデンシャル

  5. ESTATE SYSTEM、IoTの導入推進でほぼ満室

    ESTATE SYSTEM(エステートシステム)

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ