点検・補修方法に異議

LPオーナー会

事件|2018年07月02日

  • twitter

レオパレス違法建築

レオパレス21(東京都中野区)が建てたアパートの一部に界壁がない違法建築問題を受けて、同社で賃貸住宅を建てた家主で構成するLPオーナー会(愛知県名古屋市)が6月22日、都内で記者会見を開催した。『違法建築被害者の会』を立ち上げ、今後の対策について説明した。

レオパレスから、提示された点検・補修方法に不備があると主張している。同会が指摘する点検・補修工事の問題点については以下の通り。違法建築の疑いがある建物の点検をレオパレス社員が行うことになっているが、資格を持つ適切な人材か明らかではない。

アパート1棟に対し、1~2住戸のバスルームの通気口から天井を除いて確認するだけでは、界壁を確認するには不十分のため、入居の有無にかかわらず全部屋を確認するべき。違反したレオパレス自身が点検することに不信感があるため、修繕工事の完了検査は特定行政庁に実施してもらいたいなどだ。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

検索

アクセスランキング

  1. 異次元の金融緩和が終了

    日本銀行

  2. 明和地所、創業45年 浦安市で3000戸管理【新社長インタビュー】

    明和地所

  3. タスキ/新日本建物、持ち株会社を設立【トップインタビュー】

    タスキホールディングス,タスキ,新日本建物

  4. 住友林業レジデンシャル 吉田浩社長 住林G、管理4万3744戸に伸長

    【企業研究vol.243】住友林業レジデンシャル

  5. ESTATE SYSTEM、IoTの導入推進でほぼ満室

    ESTATE SYSTEM(エステートシステム)

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ