借り入れ元金減額の可能性示唆

スルガ銀行,スマートデイズ

事件|2018年08月09日

  • twitter

スルガ銀行との交渉7回目

スルガ銀行スマートデイズ被害弁護団は7月31日、スルガ銀行側と7回目の交渉を行った。同弁護団はスマートデイズでシェアハウスを購入したオーナー約250人から委任を受ける。

同弁護団は、スルガ銀行スマートデイズや販売会社と共謀し不正融資を行っているとし、シェアハウスを銀行に譲渡する代わりに借り入れの白紙化を求め直接交渉を重ねてきた。

今回の交渉の要点は3点。1点目は、スルガ銀行が金融ADRを通じて、場合によっては借り入れ元金のカットも含めて対応すると発言したこと。2点目は、8月下旬といわれる第三者委員会の調査結果が発表されるまでは、同弁護団の主張への対応の結論を出せないということ。3点目は、土地売買に関して、銀行側がオーナーの同意なしに販売会社とは別の会社に資金を振り込んでいたといわれる件について。弁護団側は振込み伝票を公開するように要求しているが、スルガ銀行は振込み先の個人情報の問題があるとして公開の要求を拒否した。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

検索

アクセスランキング

  1. 異次元の金融緩和が終了

    日本銀行

  2. 明和地所、創業45年 浦安市で3000戸管理【新社長インタビュー】

    明和地所

  3. タスキ/新日本建物、持ち株会社を設立【トップインタビュー】

    タスキホールディングス,タスキ,新日本建物

  4. 住友林業レジデンシャル 吉田浩社長 住林G、管理4万3744戸に伸長

    【企業研究vol.243】住友林業レジデンシャル

  5. ESTATE SYSTEM、IoTの導入推進でほぼ満室

    ESTATE SYSTEM(エステートシステム)

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ