金融庁の立入検査で揺れる地銀

金融庁

事件|2018年10月15日

  • twitter

投資用不動産融資の監査厳格化

金融庁は、5日に行ったスルガ銀行(静岡県沼津市)への行政処分に関する会見で「投資用不動産への融資割合が高い金融機関への立ち入り調査をアンケートと並行して進めていく」と発表した。対象となる地方銀行は、金融庁の検査を受け、審査や与信管理など体制整備を迫られる。サラリーマンへの収益不動産融資を断られるようになったという不動産会社の証言も出てきており、収益不動産販売に影響が出ていきそうだ。

金融庁は、すでに個人向けアパートローンの売り上げ比重が高い地方銀行に対して立ち入り検査を始めており、今月末までには全国の都市銀行や地銀に対して不動産融資の一斉調査を行う予定。

賃料査定や将来の不動産投資シミュレーションサービス『Gate.(ゲイト)』を展開するリーウェイズ(東京都渋谷区)は地銀の危機感を実感している。『Gate.』はこれまでに60社で導入され、そのうち6社が金融機関だ。現在同サービスの導入を検討する8行のうち、1行には金融庁の調査が入ったという。同社の巻口成憲社長は「金融庁が担保物件の調査に直接現地まで行くほどだと聞く。金融庁に賃料や入居率を当初の事業計画と比べられ、審査の適正さが求められるようになっている。当社のサービス内容を審査部の副部長が聞きに来るなど、金融機関側の本気度が変わってきた」と語った。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

検索

アクセスランキング

  1. 異次元の金融緩和が終了

    日本銀行

  2. 明和地所、創業45年 浦安市で3000戸管理【新社長インタビュー】

    明和地所

  3. タスキ/新日本建物、持ち株会社を設立【トップインタビュー】

    タスキホールディングス,タスキ,新日本建物

  4. 住友林業レジデンシャル 吉田浩社長 住林G、管理4万3744戸に伸長

    【企業研究vol.243】住友林業レジデンシャル

  5. ESTATE SYSTEM、IoTの導入推進でほぼ満室

    ESTATE SYSTEM(エステートシステム)

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ