フロンティアハウス、開発物件に収益用ディスプレイ設置

フロンティアハウス

企業|2021年01月25日

  • twitter

駅のホームから見える広告収入用のディスプレイ

 投資用不動産の開発・販売を行うフロンティアハウス(神奈川県横浜市)は、自社の開発物件の壁面に広告収入を得られるディスプレイを設置するサービスを2020年12月8日に開始した。オーナーの収入源を増やすことで、他社との差別化を図ることが狙いだ。

他社物件への展開も視野に

 具体的には、フロンティアハウスがディスプレイの運営を行い、オーナーに広告料を支払うという仕組み。広告の募集や企画は春光社(東京都中央区)が担当する。ディスプレイの設置やレンタルにかかる費用はオーナー負担だが、月々の定額で支払う形を取るため、初期費用は不要。月々の支払額は、パネルの大きさや物件の構造などによって変動する。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

検索
管理戸数/仲介件数/人気設備/建築 賃貸市場ランキング

アクセスランキング

  1. イノーヴ、表参道に猫共生型物件

    イノーヴ

  2. 野村不動産、シェアハウス参入

    野村不動産ホールディングス,野村不動産

  3. 賃貸住宅市場とは ~データで読み解く市場構造と課題~

  4. センチュリー21、加盟店向けに秋の戦略会議開催

    センチュリー21

  5. 請負契約【賃貸不動産経営管理士試験対策】

    【連載】2021年試験対策 賃貸不動産経営管理士

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ