不動産鑑定評価基準【宅建試験解説】

【連載】2021年宅建試験まるかわり解説

法律・制度|2021年11月07日

  • twitter

Q.対象が土地のみの場合は原価法は適用できない?

A.再調達原価を適切に求めることができるときは可能

不動産の鑑定評価とは?

 土地もしくは建物またはこれらに関する所有権以外の権利の経済価値を判定し、その結果を価額に表示することをいいます。言い換えれば、不動産の経済価値を金銭に見積もる行為全般を指します。

 なお、同法では、仲介などにおける価格査定や建築士の建物価格査定などは、不動産の鑑定評価からは除外され、「他人の求めに応じ報酬を得て、不動産の鑑定評価を業として行うこと」が不動産鑑定業と定義され、不動産鑑定士以外の者が鑑定評価を行ってはならないとされています。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『宅地造成等規制法【宅建試験解説】』

検索
管理戸数/仲介件数/人気設備/建築 賃貸市場ランキング

アクセスランキング

  1. 全国賃貸住宅新聞【紙面ビューアー】閲覧用URL一覧

    全国賃貸住宅新聞 紙面ビューアー

  2. 【日本情報クリエイト、リアプロ買収】両サービスのデータを連携

    日本情報クリエイト

  3. 管理士移行講習未修了者が2割、申し込み締め切りまであと2週間切る

    一般社団法人賃貸不動産経営管理士協議会

  4. スルガとの交渉進まずSI被害弁護団

    スルガ銀行不正融資被害弁護団

  5. ハウスメイトパートナーズ、「マイメロ」コラボ賃貸、満室に

    ハウスメイトパートナーズ

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ