不動産銘柄の行方 ~プライム市場編~

投資|2022年02月10日

  • twitter

 東京証券取引所は2022年4月4日から市場区分を再編する。これまでの東証1部に代わって最上位市場と位置付けられるのが「プライム市場」だ。東証は「グローバルな投資家との建設的な対話を中心に捉えた企業向けの市場」としている。ここでは不動産銘柄で同市場を選択した企業を一挙紹介する。

プライム選択企業の27.4%が計画書を提出

流動性乏しい不動産株の現状

 東京証券取引所に上場する不動産銘柄は全部で162社(1月25日現在 ※東京プロマーケットを除く)。各社が選択した市場を区分ごとにみていこう。最上位市場のプライム市場には62社。スタンダード市場は54社。高成長可能性を有する企業が集まるグロース市場には19社。各市場区分で上場基準は異なる(下記表参照)。ポイントは「市場流動性」に尽きる。多くの投資家に売買してもらえるよう努めていくことを促していると言え、親会社が50%超の株を保有しているケースや、金融機関や取引先などと「持合い」をしている企業にとって不利な条件になったことに加え、流通株式時価総額が100億円以上と設定されたことで、投資家向けに積極的な情報開示も求められるようになっている。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『不動産セクター株式流動性ランキング 上位70銘柄を公開』

検索

アクセスランキング

  1. JCOM、月額制の防犯カメラで攻勢【注目企業に迫る】

    JCOM(ジェイコム)

  2. 繁忙期、成約件数は堅調

    山一地所,旭ハウジング

  3. 法人・一般好調も、学生は苦戦【2024年繁忙期総括】

    住まいの戸田,クラッシー・ホームズ,ホワイトホームズ,つばめ不動産,グッドフェイス,高山不動産,アルカディア管財,三好不動産,早川不動産,武蔵小杉駅前不動産

  4. アルデプロ、上場廃止

    アルデプロ

  5. 日本情報クリエイト、100億件のビッグデータ活用

    日本情報クリエイト

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ