タマキホーム、不動産クラファンに参入

タマキホーム

ニュース|2022年02月21日

  • twitter

小口化商品として販売予定の 「ウィングシャトー糸満1946」

 沖縄県本島南部をメーンに分譲マンションや賃貸住宅の開発・販売を行うタマキホーム(沖縄県那覇市)は1月24日、沖縄県の事業者として初となる不動産特定共同事業の許可認定を受けた。今後は不動産小口化商品(以下、小口化商品)の販売にも力を入れていく。5月に専用のECサイト(電子商取引)「T's Funding(ティーズファンディング)」をオープンし、5月ごろから販売開始の予定だ。

事業認定は沖縄県で初

 同社は建築価格の高騰に伴い、今後融資条件が厳しくなり、不動産投資への新規参入が減少するとみている。それに対して、小口化商品を販売することで、事業領域の拡大と販路の多様化を図る。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『入居者向けアプリなどの意思疎通ツールを比較 ~前編~』

検索

アクセスランキング

  1. 在宅勤務者や動画配信者が室内に防音部屋を導入、レンタル20%増

    ヤマハミュージックジャパン,ピアリビング,三司商事,リクルート

  2. セレンディクス、24時間で完成する住宅登場

    セレンディクス

  3. 元「かぼちゃの馬車」全1万5000戸にスマートロック導入

    ビットキー

  4. 高齢者向け見守りサービス、1年で2倍伸長も。低価格化で導入

    R(アール)65,東京ガス,ホームネット

  5. 【進む不動産DX】導入事例5社から学ぶ、現場の効果

    プロパティワコー,ワークデザイン,ニーリー,リブライフマーケティング,アセットコミュニケーションズ,ジョイフルマネージメント,WealthPark(ウェルスパーク),アセットリード,スマサポ

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ