(一社)防災備蓄収納プランナー協会の理事に聞く、オーナーが行うべき防災備蓄

一般社団法人防災備蓄収納プランナー協会

その他|2022年04月13日

  • twitter

 今までの常識を覆すような甚大な被害をもたらす災害が、近年日本各地を襲っている。そんな中、「減災を目指し、『防災備蓄が当たり前の日本』にする」を理念に掲げ、2016年に発足したのが一般社団法人防災備蓄収納プランナー協会(東京都千代田区)だ。長柴美恵代表理事に家主が考えるべき防災備蓄について話を聞いた。

「家族や入居者の命を守るための知識を」

―「防災備蓄」とは何なのでしょうか。

 防災備蓄とは、電気や水道といったライフラインが止まった状態での在宅避難中に、必要な食料や最低限の生活必需品を準備しておくことです。資材や工法の改良などにより建物の性能が高まったことで、政府は「在宅避難」を訴えています。在宅避難とは、自宅の安全が確保されている場合、自宅で待機することです。防災備蓄があれば、災害の状況がわからない中で安易に外に出なくていいという点で減災にもつながります。ただし、必要な時に簡単に取り出して使うことができる収納が重要となり、当協会では防災備蓄の正しい収納を啓蒙(けいもう)しています。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『災害備蓄倉庫付き高級マンション、8月末竣工』

検索

アクセスランキング

  1. リコージャパン、直感的操作でアプリ作成

    リコージャパン

  2. ファイバーゲート、再エネ 各住戸に供給【差別化戦略】

    ファイバーゲート

  3. 2024年賃貸仲介件数ランキング409社(1位~10位)

    2024年賃貸仲介件数ランキング

  4. 学生大手、申し込み堅調

    学生情報センター,共立メンテナンス,毎日コムネット

  5. 51%が管理物件の家賃値上げ

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ