東武鉄道、滞在型貸農園を開設

東武鉄道

企業|2022年04月20日

  • twitter

畑住処のイメージ

 東武鉄道(東京都墨田区)は3月4日、埼玉県加須市に滞在型貸農園「畑住処」の第1号を誘致したと発表した。

菜園アドバイザーによる指導も付帯

 同施設は、東武鉄道日光線「新古河」駅から徒歩7分の場所に立つ、滞在スペースと畑を併せて提供する施設で、4月から利用を開始した。

 1区画あたりの広さは約180㎡で、専有面積16㎡のコテージとアウトドアデッキ15㎡、畑45㎡がセットになっている。コテージには、水回り設備や、電気、ガス、エアコン、上下水道などを備える。

 ソフト面のサービスとして、菜園アドバイザーによる週1回の訪問のほか、栽培指導、畑や庭の管理補助を提供する。

 ターゲットは、週末に田舎で過ごしたいファミリー層や、リモートワークを行う社会人で、「ワーケーション」や「2拠点生活」の希望者。利用料金は月額9万8000円(水道光熱費込み)。

 畑住処の企画と運営はアグリメディア(東京都目黒区)が行う。1号農園は、東武鉄道が所有する土地を借り受け、開園した。

 3年で10カ所での開園を目指す。

(2022年4月18日16面に掲載)

おすすめ記事▶『民泊のマンスリー転用進む』

検索

アクセスランキング

  1. 【電帳法改正1年】電子契約書類などの保管に要注意

    弁護士ドットコム

  2. 民泊復調、「売上21年比倍増」【クローズアップ】

    ファミリアリンク,Unito(ユニット)

  3. 家主が知っておきたい法制度解説~民法改正編~

    銀座第一法律事務所

  4. チームネット、保護猫を共用部で預かり

    チームネット

  5. 企業研究vol.182 日本保証 熱田 龍一 社長【トップインタビュー】

    日本保証,Jトラスト,日本ファンディング,エイチ・エス証券,Jトラストグローバル証券

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ