【不動産業界の働き方改革・後編】繁忙期に定休日を復活

不動産中央情報センター,福徳不動産,TAPP( タップ),湘南らいふ管理

管理・仲介業|2022年05月04日

  • twitter

 不動産業界でも大きな課題である残業時間の削減をはじめとした、働き方改革の事例を取材する本企画。新型コロナウイルス下で加速した非対面需要によるシステム導入やテレワークの推進も働き方の見直しにつながっているようだ。全国の不動産会社7社の取り組みとその効果を紹介する。

不動産中央情報センター、火曜日は〝早帰りデー〞

パソコンにお知らせ表示

 管理戸数1万8341戸の不動産中央情報センター(福岡県北九州市)では、残業なしを促す取り組みの一つとして、週に1日、19時までの退勤を推奨する日を設定。効果として、21年の1年間における1日の退社時間の平均が、20年比で30分早まっているという。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

関連記事▶【不動産業界の働き方改革[前編][後編]】

検索

アクセスランキング

  1. 異次元の金融緩和が終了

    日本銀行

  2. 明和地所、創業45年 浦安市で3000戸管理【新社長インタビュー】

    明和地所

  3. タスキ/新日本建物、持ち株会社を設立【トップインタビュー】

    タスキホールディングス,タスキ,新日本建物

  4. 住友林業レジデンシャル 吉田浩社長 住林G、管理4万3744戸に伸長

    【企業研究vol.243】住友林業レジデンシャル

  5. ESTATE SYSTEM、IoTの導入推進でほぼ満室

    ESTATE SYSTEM(エステートシステム)

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ