短期間で多数の賃借人に失業リスク

【連載】アメリカ不動産事情 第73回 コロナ禍での賃貸ビジネス事情

投資|2022年05月08日

  • twitter

 米国西海岸地域では6月初旬現在、新型コロナ感染症は収束に向かっており規制緩和も始まっている。一方でロサンゼルス地域では3月17日の外出制限宣言の発令で在宅勤務へと移行して3カ月余りが経過したが、小売業やサービス業などでは段階的に営業活動の再開が始まっている。

延滞賃料の支払い計画で合意形成

職場復帰による所得安定が急務

 新型コロナ感染症の急激な拡大で経済活動の停止を余儀なくされている米国では、ファーロー(一時休職)やレイオフと呼ばれる失業者が大量に発生しているが、連邦政府からの生活支援金が迅速に配布されたことで、現在は中低所得層での生活は一時的に安定している。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『CA州で販売活動再開の兆し』

検索

アクセスランキング

  1. 異次元の金融緩和が終了

    日本銀行

  2. 明和地所、創業45年 浦安市で3000戸管理【新社長インタビュー】

    明和地所

  3. タスキ/新日本建物、持ち株会社を設立【トップインタビュー】

    タスキホールディングス,タスキ,新日本建物

  4. 住友林業レジデンシャル 吉田浩社長 住林G、管理4万3744戸に伸長

    【企業研究vol.243】住友林業レジデンシャル

  5. ESTATE SYSTEM、IoTの導入推進でほぼ満室

    ESTATE SYSTEM(エステートシステム)

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ