物価上昇も賃金は下落傾向

【連載】アメリカ不動産事情 第98回 米国の景気動向と商業不動産市場

投資|2022年09月07日

  • twitter

 米国では9月に入り、景気の先行きに暗雲が立ち込め始めた。米国連邦準備制度理事会(FRB)は去る7月27日、4回目の利上げを実施した。通常の3倍ともいわれている0.75%の大幅上昇でインフレ退治を目指すが、生活支援金などのバラマキ政策を続けたバイデン政権の失策に起因することは明白だ。

オフィス不調、転用も検討

■インフレ経済下で金利上昇が進行

 景気後退(リセッション)入りの目安とされる2四半期連続で実質GDPが前期比マイナス成長となったことで米国経済ではすでにリセッションが始まっている。今後、これが世界市場で同時発生するグローバル・リセッションへと向かっていくのを懸念する。2021年末の経済活動の停滞下でのインフレ(スタグフレーション)から半年が経過し、このままインフレが続けば、23年にかけ本格的な景気減速につながる不況(デプレッション)へのリスクが高まる。最悪の場合にはグレート・デプレッション(大恐慌)へと進行する可能性もある。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『インフレ加速、賃料上昇超えか』

検索

アクセスランキング

  1. 在宅勤務者や動画配信者が室内に防音部屋を導入、レンタル20%増

    ヤマハミュージックジャパン,ピアリビング,三司商事,リクルート

  2. 元「かぼちゃの馬車」全1万5000戸にスマートロック導入

    ビットキー

  3. 高齢者向け見守りサービス、1年で2倍伸長も。低価格化で導入

    R(アール)65,東京ガス,ホームネット

  4. ニッソウ、個人事業主から年商28億円へ

    ニッソウ

  5. 【進む不動産DX】導入事例5社から学ぶ、現場の効果

    プロパティワコー,ワークデザイン,ニーリー,リブライフマーケティング,アセットコミュニケーションズ,ジョイフルマネージメント,WealthPark(ウェルスパーク),アセットリード,スマサポ

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ