米国不動産早期売却を検討

【連載】アメリカ不動産事情 第101回 日本出張記

投資|2022年11月28日

  • twitter

 3年ぶりの日本出張を終え、10月下旬に米国へ帰国した。3週間余りの日本滞在で企業経営者との面談や都内の物件視察の傍ら、昼夜が逆転する時差の下で米国スタッフや提携先とのオンライン定期会議をこなした。

年明け以降に世界金融市場変動か

■進行する円安と米国不動産投資家

 2022年3月初旬に115円台で推移した円レートはその後円安に転じ、米国への帰国を迎えた10月23日には150円台を付け、3割近い円の価値下落となった。帰国直後の11月2日、FRB(連邦準備制度理事会)はインフレ抑制を目指し4回目となる0.75%の大幅な利上げを発表した。米国の景気減速を織り込んだうえでFRBは決断、金利差が拡大する日本の金融政策へも悪影響となり、さらなる円安の進行が懸念された。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『日米共に不動産価格上昇傾向』

検索

アクセスランキング

  1. サブリース賃料未納問題浮上

    BLAZE(ブレイズ),ReVie(レヴィー),エレマックス,弁護士法人山村法律事務所

  2. 空室に覚せい剤置き配

    東京税関,公益財団法人日本賃貸住宅管理協会

  3. 不動産市場、崩壊の見込み薄【2023年 不動産市場予測】

    一般財団法人日本不動産研究所

  4. 多拠点居住サービス活況

    アドレス,グッドルーム,三井不動産レジデンシャル,GrowHack(グロウハック),絆家,LIFULL(ライフル)

  5. 東京・六本木の仲介会社で爆発

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ