接道の高低差で評価額10%減

【連載】事例に見る相続税還付

税務・相続|2022年12月14日

  • twitter

 道路との間に著しい高低差がある土地の場合、高低差により著しく利用価値が低下している土地として、評価額から10%の減額ができる可能性があります。

 例えば「2路線に面しているが、片方の路線が前面道路との高低差により使用ができない」といったような土地の場合、適用を検討することができるでしょう。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『広大地は、廃止前の相続で適用』

検索

アクセスランキング

  1. LPガス、7月から法改正

    経済産業省

  2. マンスリー、法人需要で伸長

    リブ・マックス,長栄,matsuri technologies(マツリテクノロジーズ),Weekly&Monthly(ウイークリーアンドマンスリー)

  3. GATES 関野雄志社長 ワンルーム売買で売上153億円

    【企業研究vol.252】GATES(ゲイツ)

  4. 空き家活用、空き家情報の発信に注力【クローズアップ】

    空き家活用

  5. (一社)大阪府不動産コンサルティング協会、2億円相当の空き家流通促す

    一般社団法人大阪府不動産コンサルティング協会

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ