ごみ出しルール違反者への対応・カメラの設置

【連載】弁護士が解決!!身近な不動産トラブル 第96回

法律・制度|2022年12月09日

  • twitter

 私が賃貸しているアパートにごみ出しルールを守らない居住者がいます。注意文や警告文の配布や掲示をしたり、時間外に出されたごみを撮影した写真を掲示するなどして注意喚起を継続していますが、改善されません。

 そこで、ごみ置き場に防犯カメラを設置して、その映像から犯人を特定して改善するよう指導を行い、改善されないなら退去させたいと考えているのですが、何か問題はあるでしょうか。

映像の第三者公開は控える
解除には信頼関係破壊が必要

 一般的に、防犯カメラ設置場所(例えば、マンションの敷地内)の所有者が、自己の負担をもって防犯カメラを設置することは、本人の責任において自由に設置することができるのが原則であると考えられます。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『生活保護受給者の家賃 滞納への対処法』

検索

アクセスランキング

  1. サブリース賃料未納問題浮上

    BLAZE(ブレイズ),ReVie(レヴィー),エレマックス,弁護士法人山村法律事務所

  2. 空室に覚せい剤置き配

    東京税関,公益財団法人日本賃貸住宅管理協会

  3. 不動産市場、崩壊の見込み薄【2023年 不動産市場予測】

    一般財団法人日本不動産研究所

  4. 多拠点居住サービス活況

    アドレス,グッドルーム,三井不動産レジデンシャル,GrowHack(グロウハック),絆家,LIFULL(ライフル)

  5. 東京・六本木の仲介会社で爆発

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ