想定を超える金利上昇

【連載】アメリカ不動産事情 第102回 2023年米国不動産市場動向

投資|2023年01月06日

  • twitter

 2023年を迎えた米国は、バイデン政権が与野党対立が激化する連邦議会との対峙を強いられ、国内ではインフレ圧力が当面続きそうだ。

 景気減速を懸念する大手企業は大幅な雇用削減を開始し、金利上昇を受けて不動産市場の先行きにも懸念が増している。

取引件数は減少する見込み

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『米国不動産早期売却を検討』

検索

アクセスランキング

  1. サブリース賃料未納問題浮上

    BLAZE(ブレイズ),ReVie(レヴィー),エレマックス,弁護士法人山村法律事務所

  2. 空室に覚せい剤置き配

    東京税関,公益財団法人日本賃貸住宅管理協会

  3. 不動産市場、崩壊の見込み薄【2023年 不動産市場予測】

    一般財団法人日本不動産研究所

  4. 多拠点居住サービス活況

    アドレス,グッドルーム,三井不動産レジデンシャル,GrowHack(グロウハック),絆家,LIFULL(ライフル)

  5. 東京・六本木の仲介会社で爆発

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ