ボルテックス 宮沢文彦社長 オフィスの区分販売で成長

【企業研究vol.215】ボルテックス

インタビュー|2023年08月24日

  • twitter

ボルテックス 東京都千代田区 宮沢 文彦 社長 (58)

 ボルテックス(東京都千代田区)は、中小企業の法人向けにオフィスの区分販売を行い、2023年3月期で過去最高売り上げの754億円を達成した。オフィスは住戸と比較し、入居期間が長期であることから、より安定した家賃収入を得られるという。設立当初は1棟販売が業界の主流だったオフィスビル販売。1棟だと高額なため、購入者層が大資本の法人や機関投資向けになりやすいオフィスビルを、区分販売することで法人需要をつかんだ。同社の成長戦略と、今後の展開について宮沢文彦社長に話を聞いた。

23年3月期売上754億円 主要5区の物件に厳選

―23年3月期は、過去最高の売り上げと聞きました。業績が好調だった理由は。

 20年に案件獲得のために一新したフローが安定してきたことが大きいと思います。新型コロナウイルスの影響もあり、20年度の売り上げは半減しましたが、21年度から売り上げが前年度を超えるようになりました。23年3月期の売上高は22年3月期比147%の754億円を達成しました。経常利益は72億円。オフィスの区分販売が主力です。取り扱うオフィスは東京都港区や新宿区、中央区、千代田区、渋谷区と、都内でもよりニーズが高いと見込める主要5区を対象に開発、仕入れを行っています。年間およそ130の区分オフィスを提供しています。

―オフィス投資のメリットは。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『ウェーブハウス 市川周治社長 岡山市で売買仲介年間239件』

検索

アクセスランキング

  1. LPガス、7月から法改正

    経済産業省

  2. マンスリー、法人需要で伸長

    リブ・マックス,長栄,matsuri technologies(マツリテクノロジーズ),Weekly&Monthly(ウイークリーアンドマンスリー)

  3. GATES 関野雄志社長 ワンルーム売買で売上153億円

    【企業研究vol.252】GATES(ゲイツ)

  4. 空き家活用、空き家情報の発信に注力【クローズアップ】

    空き家活用

  5. (一社)大阪府不動産コンサルティング協会、2億円相当の空き家流通促す

    一般社団法人大阪府不動産コンサルティング協会

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ