平安伸銅工業、突っ張り棒で居室改装提案

平安伸銅工業

商品|2024年01月24日

  • twitter

DIY用パーツを天井と床に突っ張らせることで、棚の設置や空間の 仕切りができる

 突っ張り棒などの収納用品を製造・販売する平安伸銅工業(大阪市)は2023年12月12日、収納用品を使った居室改装提案サービス「暮らすがえリノベーション」の提供を開始した。

工事不要、賃貸にもメリット

 「収納が少ない」「リモートワークをしたい」などの居室内の空間に関する悩みに対して、突っ張り棒や、木材の端に装着して居室内に柱をつくるDIY用パーツといった同社の収納用品の活用を提案する。突っ張り棒で壁面に衣類を収納するクローゼットをつくったり、DIY用パーツを使った柱を立てて間仕切り付きのワークスペースをつくったりすることができる。いずれの製品も設置時に壁や床に穴を開ける必要がないため、退去時の原状回復が求められる賃貸住宅でも利用しやすい。

 オンラインで要望をヒアリングし、レイアウトや使用製品を記載した図面を提供する「カンタン提案プラン」は2万9700円、スタッフが部屋を採寸して図面と見積もりを提供する「スタンダード提案プラン」は6万9300円、スタッフが施工まで行う「オールインプラン」は13万8600円(いずれも税込み)。対応エリアは大阪府を中心とした関西の一部地域で、順次拡大していく予定だ。

 同社は1975年から突っ張り棒を販売してきた老舗メーカー。製品だけでなく、その活用方法を直接顧客に届けるため、2022年にライフスタイルの変化に合わせて住まいを変えていく「暮らすがえ」の普及をミッションとして掲げた。カスタマーサクセスグループの鈴木泰史チームリーダーは「当社の製品を活用して、多くの人にその人らしい暮らしをつくっていってもらいたい」と話す。

(2024年1月22日10面に掲載)

おすすめ記事▶『アーバントラスト、アプリでDIYを支援』

検索

アクセスランキング

  1. 異次元の金融緩和が終了

    日本銀行

  2. 明和地所、創業45年 浦安市で3000戸管理【新社長インタビュー】

    明和地所

  3. タスキ/新日本建物、持ち株会社を設立【トップインタビュー】

    タスキホールディングス,タスキ,新日本建物

  4. 住友林業レジデンシャル 吉田浩社長 住林G、管理4万3744戸に伸長

    【企業研究vol.243】住友林業レジデンシャル

  5. ESTATE SYSTEM、IoTの導入推進でほぼ満室

    ESTATE SYSTEM(エステートシステム)

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ