SNSをどう生かす? 不動産会社の使い方まとめ

管理・仲介業|2023年08月23日

  • twitter

 企業公式のInstagramやTwitter、TikTokなど、不動産会社が運営しているSNSアカウントが増えています。気軽に始められる利点がありますが、運営する意図がはっきりせず、結局投稿が長続きしない。といったケースも散見されます。不動産会社はSNSをどのように使っているのか、各社の事例を紹介します。


【目次】

・インスタグラムで学生集客 絹川商事 
・イメージ刷新とファン獲得  マークス不動産
・小口不動産商品を告知  レプス
・外国人集客にSNS広告 ビレッジハウス・マネジメント

学生向け集客 世代に合わせたSNS活用

SNS_P1.jpg

 年間仲介件数556件の絹川商事(石川県野々市市)では、インスタグラムを使った集客に積極的に取り組んでいます。ターゲットとなる入居者が近隣の専門学生や大学生など、若年層が多いため、世代に合ったSNSツールでの訴求に注力しています。運営から約1年間でフォロワーが400人を突破。集客時に来店までの後押しになっています。
▷▶絹川商事、仲介でインスタ集客に挑戦

事故物件イメージ刷新 親しみあるアカウントに

SNS_P2.png

 事故物件の再生事業「成仏不動産」を行うマークス不動産(東京都中央区)は、SNS活用でファンの獲得を図っています。インスタグラムとTikTokで、同社社員が事故物件と関わる中で感じたことや、実際に起こった出来事などを紹介しています。時折、社長のインタビューも織り交ぜ、親しみを持ってもらうことが狙いです。集客だけではなく、ブランディングにも繋がっているようです。
▶▷SNSの運用でファン獲得、担当者が自ら企画発案

不動産小口商品呼びかけ 新たな層を発掘

わかちあいファンド.jpg

 不動産小口化商品の管理・運用システム開発を行うレプス(京都市)は、不動産会社向けにSNSによる集客に対するサポートを行っています。主に不動産小口商品の周知と、投資の呼びかけを行っています。不動産小口商品は、オウンドメディアで告知することが一般的ですが、より幅広い層へのアプローチを目的として、SNS活用に至りました。実際に、組成した小口ファンドへの投資を専用のSNSアカウントで告知したところ、全体で計5300万円を集めた実績があります。
▷▶SNSで不動産小口化商品を訴求

SNS広告で外国人に訴求

SNS_P3.jpg

 旧雇用促進住宅を約10万戸管理するビレッジハウス・マネジメント(東京都港区)は、外国人へのアプローチを目的として、SNS広告を活用しています。顧客情報管理システム(CRM)を社内で使っていくと、顧客の流入経路が特定できます。外国人入居者へのアプローチは、SNSが有効的と判断したため、使用しています。
▷▶ビレッジハウス・マネジメント 岩元龍彦社長インタビュー

検索

アクセスランキング

  1. LPガス、7月から法改正

    経済産業省

  2. マンスリー、法人需要で伸長

    リブ・マックス,長栄,matsuri technologies(マツリテクノロジーズ),Weekly&Monthly(ウイークリーアンドマンスリー)

  3. 空き家活用、空き家情報の発信に注力【クローズアップ】

    空き家活用

  4. GATES 関野雄志社長 ワンルーム売買で売上153億円

    【企業研究vol.252】GATES(ゲイツ)

  5. (一社)大阪府不動産コンサルティング協会、2億円相当の空き家流通促す

    一般社団法人大阪府不動産コンサルティング協会

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ