企業研究vol.142 協和開発 三谷 洋介 社長【トップインタビュー】

協和開発

インタビュー|2022年02月03日

  • twitter

協和開発 香川県観音寺市 三谷 洋介 社長(45)

 香川県観音寺市と三豊市の物件を中心にアパートを土地とセットで販売し、サブリースで賃貸管理戸数1930戸まで事業を拡大してきたのが協和開発(香川県観音寺市)だ。大規模修繕のタイミングで買い取った後、自社で改修工事を行い、投資家に再販する独自のビジネススタイルを貫く。また、業務システムの自社開発により業務効率化も進める。2021年6月にトップに就任した三谷洋介社長に、同社の取り組みと今後の事業展開について聞いた。

開発物件の管理と再販で持続可能性追求

自社企画賃貸の販売で管理1930戸に拡大

―香川県観音寺市を中心に不動産事業を行っているとのことですが、どのようなビジネスモデルで売り上げを伸ばしているのでしょうか?

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『協和開発とフロンティアの新社長に三谷洋介氏就任』

検索

アクセスランキング

  1. 51%が管理物件の家賃値上げ

  2. 2024年賃貸仲介件数ランキング409社(1位~10位)

    2024年賃貸仲介件数ランキング

  3. フジ住宅、中古住宅価格見直し 減収減益

    フジ住宅

  4. ファイバーゲート、再エネ 各住戸に供給【差別化戦略】

    ファイバーゲート

  5. タイセイ・ハウジー 赤間健一郎社長 社宅代行強み、管理7万5675戸

    【企業研究vol.238】タイセイ・ハウジー

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ