広いワークスペース付きに改修 周辺相場より1万円以上上昇

2016年08月26日 | リノベーション

  • twitter

10年ほど空室だったオフィスをファミリー向け住居に改装し、相場賃料より1万~2万円高く成約したのが『丸福ビル』だ。
1フロアに3戸ずつの計6戸は1カ月以内にすべて入居が決まった。
物件はJR東海道本線「西大路」駅から徒歩1分のRC造6階建て築47年のビルだ。


             BEFORE
アーキネット京都01.jpg

もともと1フロア200㎡ほどだったオフィスを3室に分けてコンバージョン。
1室で、1LDKの広さは約60㎡だ。

この住宅の一番の特徴は、タイルを敷き詰めたワークスペースにある。
間取りは3つのタイプがあり、玄関を開けるとすぐにタイル張りの11畳ほどの広さのキッチンになっているものと、8畳もしくは10畳程度のワークスペースになっているものだ。


アーキネット京都02.jpg

バスやトイレはタイル張りの部屋に直結しており、プライベートな居室と隔ててSOHOとして利用したり、絵を描くなど趣味の空間ににも使える。

改修にかけた費用は、坪単価で40万円だった。
賃料は1戸あたり11万2000~12万3000円。

入居したのは40歳前後の単身者が多い。
「他にないデザインが気に入った」という声が聞かれるという。

検索

アクセスランキング

  1. JCOM、月額制の防犯カメラで攻勢【注目企業に迫る】

    JCOM(ジェイコム)

  2. 繁忙期、成約件数は堅調

    山一地所,旭ハウジング

  3. 法人・一般好調も、学生は苦戦【2024年繁忙期総括】

    住まいの戸田,クラッシー・ホームズ,ホワイトホームズ,つばめ不動産,グッドフェイス,高山不動産,アルカディア管財,三好不動産,早川不動産,武蔵小杉駅前不動産

  4. アルデプロ、上場廃止

    アルデプロ

  5. 日本情報クリエイト、100億件のビッグデータ活用

    日本情報クリエイト

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ