大学生向けに改装し16戸中14戸の空室を解消

2016年08月06日 | リノベーション

  • twitter

生活協同組合と連携で満室経営

ファミリー向けから単身向けにリノベーションした結果、16戸中14戸に上っていた空室を解消した木造2階建てアパート群『CASA清風荘』が大阪府豊中市に立つ。
改修前の物件は、全8戸の和室2DKが2棟分で合計16戸。
それぞれ築30年と40年だ。
設計組織DNA(京都市)が2013年3月にそれぞれワンルーム10戸と12戸にリノベーションを完成させた。


             BEFORE
設計組織DNA_201601.jpg


当時の賃料データはないが、2DKで8万円しない地域。
改修後は賃料4万8000円(約20㎡)~6万円(約28㎡)で、満室運営の場合は年間1610万円におよぶ。

ターゲットを変更したのは、最寄り駅からは徒歩11分だが、大阪大学からは徒歩5分という立地で、学生へのニーズがあると考えたからだ。
4.5畳と6畳の2室は、ファミリーで住むには手狭な間取りであると判断したことも理由のひとつだ。


設計組織DNA_201602.jpg


最も支持されているのは、外観だ。
もともと壁全体が白いだけの集合住宅を、1階部分を木の横格子、2階部分を黒の横ストライプが印象的な壁にデザインを変更した。

設計組織DNA_201603.jpg

リノベーションにかけた金額は1億2900万円に上る。
建て替えにしなかったのは、既存不適格物件で、建物面積を減らさざるを得なくなるからだ。
費用についても、建て替えの場合と改修の場合とを比較すると、建て替えのコストが1.5割高かった。

大学生専用にし、管理を大阪大学の生活協同組合に委託した。
大学生・大学院生が入居するので期間は1年から4年になるが、1カ月以上空室が続くことはない。

実際の入居者からは「みんなと少し違う、格好良いところに住んでいるという優越感があり、友達に自慢できる」という声があるそうだ。

検索

アクセスランキング

  1. JCOM、月額制の防犯カメラで攻勢【注目企業に迫る】

    JCOM(ジェイコム)

  2. 繁忙期、成約件数は堅調

    山一地所,旭ハウジング

  3. 日本情報クリエイト、100億件のビッグデータ活用

    日本情報クリエイト

  4. 法人・一般好調も、学生は苦戦【2024年繁忙期総括】

    住まいの戸田,クラッシー・ホームズ,ホワイトホームズ,つばめ不動産,グッドフェイス,高山不動産,アルカディア管財,三好不動産,早川不動産,武蔵小杉駅前不動産

  5. 富士リアルティ 永松秀行社長 木造建築強みに、売上13億円

    【企業研究vol.248】富士リアルティ

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ