30代夫婦を魅了した大正ロマン部屋

2017年06月26日 | リノベーション

  • twitter


家賃6000円アップで成約

丸進不動産(神奈川県横浜市)は築24年の物件を、大正ロマンをコンセプトにリノベーションした。

家賃は6000円上げた8万9000円となり、募集後3カ月で入居が決定した。
物件はJR横浜線「中山」駅から徒歩4分にある『シャレー欅(けやき)』の1室。築年数が古くなり、周囲の競合物件で空室が目立っていたため、退去があった際にオーナーに改修の提案を行った。
専有部分は42㎡で、間取りは2DK。20代後半から30代のDINKSや夫婦をターゲットにした。

デザインは、レトロ感のある大正時代の住宅をイメージした。
以前の内装は白を基調にしたオーソドックスな部屋だったが、洋室の引き戸には黄土色、緑色、赤色などの色が入ったビロード板をはりつけた。板は波・渦の模様になっており大正期の建築に多く見られる西洋を意識したステンドグラス風の仕様にした。同じ洋室内の机にも引き戸と同配色のステンドグラスを意識した卓上ライトを備えつけた。

after
丸進不動産 after.jpg

before
丸進不動産 before.jpg

天井、床、扉に使われている既存の建具の経年した風合いがなじむように工夫した。壁紙は左官がこてでしっくいを塗り波形の模様をつけたような和のテイストを感じさせる商品を張った。
洋室以外ではキッチンが特徴だ。ありふれていた白のキッチンを、茶色のペンキで塗り落ち着いた雰囲気になっている。

丸進不動産 キッチン.jpg

成約したのは30代の夫婦。特に夫の方が同部屋のレトロなコンセプトに共感したことで入居を決めたのだという。

担当者の飯田隆氏は「天井の木材についてはつや出しを行っている。これによりレトロな雰囲気をより一層引き立てることができたと思う」と語った。
工事費は約300万円だった。

検索

アクセスランキング

  1. JCOM、月額制の防犯カメラで攻勢【注目企業に迫る】

    JCOM(ジェイコム)

  2. 繁忙期、成約件数は堅調

    山一地所,旭ハウジング

  3. 日本情報クリエイト、100億件のビッグデータ活用

    日本情報クリエイト

  4. 法人・一般好調も、学生は苦戦【2024年繁忙期総括】

    住まいの戸田,クラッシー・ホームズ,ホワイトホームズ,つばめ不動産,グッドフェイス,高山不動産,アルカディア管財,三好不動産,早川不動産,武蔵小杉駅前不動産

  5. 富士リアルティ 永松秀行社長 木造建築強みに、売上13億円

    【企業研究vol.248】富士リアルティ

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ