コスト40万円で募集から1週間で入居

2016年05月16日 | リノベーション

  • twitter

木材を使った間仕切り収納が好評


築23年のワンルームをリノベーションし、募集から1週間で入居が決まったのは『シルク槙』だ。
賃料5000円アップの4万円で成約した。


             before
絹川商事0516_01.jpg

手がけたのは、絹川商事(石川県野々市市)だ。
JR北陸本線『野々市』駅から徒歩20分に立つ木造2階建ての1Kで約30㎡。
40万円を投じた。

同エリアは車通勤で10分圏内に職場がある男性が多く住んでいることから、1Kやワンルームが多数ある。
20~30代の男性をターゲットに、「仕事から帰宅して落ち着ける部屋」をコンセプトに据えて差別化を図った。

茶系のアクセントクロスと、それに合わせた色調のソファ、木材を使ったテレビ台などをセットにしている。
暖色系で統一感を出し、リラックスできる雰囲気を演出している。

             after
絹川商事0516_02.jpg

入居を決めたのは「おしゃれな部屋に住みたい」という思いで物件を探していた20代の社会人の男性だ。
部屋の雰囲気が決め手になったという。

入居者が特に気に入っているのが、木材の間仕切り板を使った収納だ。
窓付近の一角に幅100cm、奥行き80cmほどのスペースを取って板を設置し、棚とポールを付けて服をかけられるようにしている。
クローゼットを設置するとなると、コストがかかる上、部屋が狭くなってしまう。
フックを付けて鍵やバッグを掛けることもでき、使い勝手もいいと好評だ。

検索

アクセスランキング

  1. JCOM、月額制の防犯カメラで攻勢【注目企業に迫る】

    JCOM(ジェイコム)

  2. 繁忙期、成約件数は堅調

    山一地所,旭ハウジング

  3. 日本情報クリエイト、100億件のビッグデータ活用

    日本情報クリエイト

  4. 法人・一般好調も、学生は苦戦【2024年繁忙期総括】

    住まいの戸田,クラッシー・ホームズ,ホワイトホームズ,つばめ不動産,グッドフェイス,高山不動産,アルカディア管財,三好不動産,早川不動産,武蔵小杉駅前不動産

  5. 富士リアルティ 永松秀行社長 木造建築強みに、売上13億円

    【企業研究vol.248】富士リアルティ

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ