築41年がデニム調のビンテージ空間に一新

2016年03月28日 | リノベーション

  • twitter

築41年で全72戸のうち半数近くが空室だったマンション「大濠公園ハイツ」の3室が、高級住宅街に調和する内装の賃貸物件に生まれ変わり、賃料が2万~2万5000円アップした。

             before
Goodプロパティ001.jpg

全く異なるコンセプトで3室のリノベーションを手掛けたのは、Goodプロパティ(福岡市)だ。
「物件の付加価値をどれだけ伸ばせるか可能性を試してみたい」とオーナーの福岡地所(同)が募ったコンペで、ビンテージデニムのようにカジュアルさと、風格も併せ持つ提案が採択されたのだ。

1戸あたりの予算が500万円のフルリノベーションで、場所は、人気高級住宅街の「大濠公園エリア」。
この立地や広さ、施工費用を加味して、6万9000円だった家賃を上げるため、世帯収入の多い都心部で働くDINKSをターゲットにした。
築年数を古さではなく、ビンテージとして捉えることができ、木・金属・タイルなど異素材とも相性がいいデニムを内装デザインのコンセプトに設定。
結果、賃料が2万円上がり、完成前に入居者が決定した。


Goodプロパティ002.jpg

42㎡の2DKだった間取りは1LDKに変更、部屋の中心にあるダイニングテーブルを囲うように導線を作った。
キッチン、ソファー、ダイニングのスペースを区切らずに回遊性を高め、ロールカーテンを開ければ寝室もひとつの空間につながる。
広いワンルームとして開放感を感じながら生活できるのが特徴だ。
ベッドから大濠公園を眺望し、窓から差し込む朝日で起床することができる。

白い壁の一部に貼られたデニム調のクロスがアクセントになっている。
水回りは、洗面台やバスルームなどの設備をすべて新調し、壁面にはブルー系のモザイクタイルを施工した。
入居を決めたのは、20代カップルで、個性的なデザインと、小型犬が飼育できる点が決め手になったという。


Goodプロパティ003.jpg

この成功実績をもとにGoodプロパティは、さらに2戸のリノベーションを受注。
黒・紫・茶系のダークトーンでまとめた36㎡の単身男性向けの部屋は、家賃が5万7000円から8万2000円に上がった。


Goodプロパティ006.jpg

バーカウンター風の対面キッチンやステンレス製の洗面台を設置。
水回りの空間が狭かったため、バスタブは設けずに海外の一流ホテルにあるようなシャワールームにした。


Goodプロパティ005.jpg

同じく家賃が2万5000円アップしたのは、最上階の部屋だ。
10階で眺めがよく、9万2000円で単身女性が入居した。
あえて配管をむき出し、天井高2.7mを確保。


Goodプロパティ004.jpg

ベージュを基調とした壁が日差に溶け込むナチュラル内装だ。
壁に貼りつけたタイルの凹凸の影が表情を生み出している。

検索

アクセスランキング

  1. JCOM、月額制の防犯カメラで攻勢【注目企業に迫る】

    JCOM(ジェイコム)

  2. 繁忙期、成約件数は堅調

    山一地所,旭ハウジング

  3. 日本情報クリエイト、100億件のビッグデータ活用

    日本情報クリエイト

  4. 法人・一般好調も、学生は苦戦【2024年繁忙期総括】

    住まいの戸田,クラッシー・ホームズ,ホワイトホームズ,つばめ不動産,グッドフェイス,高山不動産,アルカディア管財,三好不動産,早川不動産,武蔵小杉駅前不動産

  5. 富士リアルティ 永松秀行社長 木造建築強みに、売上13億円

    【企業研究vol.248】富士リアルティ

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ